現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!

ここから本文です
試乗記 2012.9.27 レポート:清水 和夫 / 写真:ジャガー・ランドローバー・ジャパン

ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!
  • ジャガー・Fタイプ発表 超速&詳細レポート!

フォードからTATAグループへ!

美しいスタイルと官能的な走りを得意とするジャガーは2012年のパリオートサロンでまったく新しいスポーツカー「Fタイプ」をアンベールした。Fタイプの誕生で明らかになったことは「ジャガーはスポーツカーメーカーです!」というメッセージが強く打ち出されたことだ。実物を前にするとFタイプは「ジャガーにとってあらゆる意味で重要な存在」であると思った。Fタイプの意味するものはちょうど50年前のEタイプがそうであったように、これからのジャガーの運命を握っていると言っても過言ではない。

往年の名車「Eタイプ」が1961年に誕生してから約半世紀ぶりにFタイプへとバトンが渡された。その半世紀を振り返ると、ジャガーほどのブランド力がありながら経営は決して順風ではなかったのである。多くの英国車が消え去るか、あるいは他メーカーの傘下に入ることで再生しているが、ジャガーの場合はフォードが買い漁ったプレミアムブランドを集めた「PAGグループ」の一員になったことから悲劇が始まった。

フォードの役員でさえ、ジャガーには深いラブアフェアをもっているが、ジャガーを再生させることはできなった。いや、むしろ失敗したと言わざるを得ない。フォード・モンデオでXタイプを作り、フォード・リンカーンベースでSタイプを開発するなど、フォードはジャガーの親としては相応しくなかった。その後PAGグループは解散し、ジャガーは皮肉にも英連邦のインドの自動車メーカー・TATA社の傘下となったのである。

しかし、TATAグループとなるなり、ジャガーはランドローバーとともに復活を始める。「お金は出すが口は出さない」。TATAはフォード以上にジャガーの独自性を尊重し、新しいデザインのXFやXJのおかげでジャガーはみごとに復活したのである。最後に残された仕事はポルシェを打ち負かせるスポーツカーを開発すること。これこそがジャガーの大きな挑戦であったのだ。「Fタイプはポルシェを超えるスポーツカーでなければならない!」と開発チームは言いたげであった。


車種:Fタイプ

    全長×全幅×全高=4470mm×1923mm×1307mm
    ホイールベース=2622mm
    車両重量=1614kg
    駆動方式=FR
    エンジン=3リッターV型6気筒DOHC直噴スーパーチャージド
    最高出力=380ps/6500rpm
    最大トルク=460Nm/3500-5000rpm
    トランスミッション=8速AT
    0-100km/h加速=4.9秒
    最高速度=275km/h(電子制御リミッター作動)
    ワールドプレミア:2012年09月27日(パリモーターショー)
    ※すべて欧州参考値

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • the*****|2017/05/16 17:13

    違反報告

    ご先祖様であるEタイプ(XKE)は、世界中の自動車メーカーが規範とする美しいスポーツカーでした。
    1960年代のスポーツカーは、ほとんどがEタイプのデザインに影響を受けていたでしょう。

    それなのにこのFタイプは…、どこかで見たことのあるデザインに感じるのは私だけ?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します