現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?

ここから本文です
試乗記 2011.8.28 レポート:佐藤 久実 / 写真:BMWジャパン

新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?
  • 新型1シリーズ試乗 BMWたらしめる素質は?

エコプロモードを備えたエンジン

新型1シリーズに搭載されるエンジンは、ガソリン、ディーゼルいずれも直列4気筒ツインパワーターボのみとなる。ガソリンエンジン搭載モデルは100kW(136ps)の116iと125kW(170ps)の118iの2種類。試乗モデルは118iの6速マニュアルトランスミッション仕様だった。今回、8速オートマティックトランスミッションが搭載されるのもトピックであるが、残念ながら試乗車の用意がなかった。

新世代のターボエンジンは、最大トルクの発生回転数が1,500~4,500rpm、最高出力の発生回転数が4,800rpmで、従来のBMWが得意としてきた高回転高出力型とはエンジン特性が異なる。直列6気筒NA派にとっては気になるところだと思うが、実際に乗ってみると、ターボの過給を感じる間もないほど低回転域からトルクがあり、街中での実用性に優れる。なので、あえて高回転まで回そうという気にもならず、MTモデルということもあり積極的にシフトアップしていくが、その気になれば高回転まで軽やかに回るし、5,000rpmを越えたところで頭打ちになる感覚もない。NAとはフィーリングの差こそあれ、BMWらしさ、駆け抜ける歓びがスポイルされている感じはない。むしろ250Nmもの力強いトルクとスムースさ、そして燃費の良さが好印象で、新世代に相応しいダウンサイジングエンジンであると思えた。

 

そして、今度の1シリーズには、ドライビング・エクスペリエンス・スイッチのECO PROモードが設定されている。これを作動させると、エンジンマネジメントの制御により、より燃費に振ったモードとなる。体感的にも明らかにトルクの出方が変わる。通常モードから切り替えたばかりの時は、正直、「トルクがない…。楽しくない…。」と思ってしまった。が、トルク特性に合わせてジワ~ッとアクセルを開ければ、わずか1,000rpm付近からでもジワジワと加速して行く底力を見せた。しかもこのモード、エンジン特性のみならず、エアコンなどの制御も変わる。

また、パワーやトルク、ECO PROなどさまざまなインジケーターが表示できるので、燃費モードでもスポーツドライビングにおいても効率の良い走り方を視覚的に捉えながら探れるのが興味深かった。

1台のクルマに、エコカーとスポーツカーを詰め込んだかのようなエンジンの二面性は、まさに新世代の「Efficient Dynamics」である。

車種:1シリーズ

    全長×全幅×全高=4324mm×1765mm×1421mm
    ホイールベース=2690mm
    駆動方式=FR
    エンジン=1.6リッター直列4気筒DOHC直噴ターボ
    最高出力=125kW(170ps)/4800rpm
    最大トルク=250Nm/1500-4500rpm
    トランスミッション=6速MT
    発表=2011年6月
    ※スペックは全て欧州仕様車値

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します