サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型Cクラスは走りがさらに熟成。マイルドHVの新エンジンにも驚いた

ここから本文です

新型Cクラスは走りがさらに熟成。マイルドHVの新エンジンにも驚いた

新型Cクラスは走りがさらに熟成。マイルドHVの新エンジンにも驚いた

メルセデス・ベンツ C200 セダン

自動レーンチェンジやナビと協調した速度制御も

他にも既に「Eクラス」に搭載される新世代クリーンディーゼルの2.0Lが、これまでの2.2Lに代わって搭載された。以前の190psから194psと高出力化したにも関わらず、さらに燃費を向上すると同時に、以前よりも軽快な回転フィールも手に入れ、より魅力が増したモデルと評価できる。

この他エクステリアでは、前後バンパーが形状変更を受けたのに加えて、新たにLEDハイパフォーマンスヘッドライトを標準装備した。オプションでマルチビームLEDヘッドライト(ウルトラハイビーム付)も用意されている。

そして安全装備と運転支援がアップグレードされたのもポイント。今回は「Eクラス」や「Sクラス」とほぼ同等の内容を備えている。

例えばウインカー操作で自動的にレーンチェンジするアクティブレーンチェンジアシストを採用。さらにアクティブディスタンスアシスト・ディストロニックは、地図とナビゲーションのデータも支援に活用して、カーブやジャンクションでは、予見的に速度調整を行なうようになったのが特徴だ。

もはや隙なしのフェイスリフト。そして、走りに関してはほぼ先代から受け継いだものながら、改めてその実力の高さを思い知らされる試乗だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します