サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 超高級車市場に参戦するBMW M850iは本格スポーツより肩の力を抜いた走りで実力を出す

ここから本文です

超高級車市場に参戦するBMW M850iは本格スポーツより肩の力を抜いた走りで実力を出す

1000万円台後半のラグジュアリースポーツクーペ

20年ぶりに復活したBMWのフラッグシップクーペの新型「8シリーズ」を前にして強く思う。このクーペはカッコいい。実物は写真以上に妖艶で、「アストンマーチン DB11」などのスーパースポーツと比べても良いのでは? と思えてくる。

「6シリーズクーペ」の生産が終るとともに登場したので、後継モデルと思いきや、全く違う。BMWにとって新たな顧客層開拓を狙う、超ハイブランド戦略の切り込み隊長だ。価格は試乗した「M850i」で1714万円。フルサイズSUVの「X7」と、マイナーチェンジでグリルが大きくなった「7シリーズ」と併せて、1000万円台後半の超高級車市場に本腰を入れて挑んでいくことになる。

2ドアの4シーターだが、後席は大人の体型ではエマージェンシー用なので2+2パッケージだ。トランクはゴルフバック2個を容易に飲み込む実用性をもつ。要はこのモデル、4855×1900×1345mmのボディを、2人がお洒落に優雅に使う “ラグジュアリースポーツクーペ”である。

内装にも妖艶さが漂う。クリスタル仕上げのシフトレバーなど至る所がキラキラしていて、硬派なBMWがお洒落を覚えてしまった感じ。コクピット感がありつつも、ゆったりとして優雅さもある。超高級路線を開拓するなら、センターモニターやインパネモニターは「3シリーズ」などと差別化してプレミアム感を演出してほしいが、使い勝手や質感は悪くない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します