サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日本独自のエグザイル風SUVハリアーが2.0Lターボで本格派に転身か!?

ここから本文です

日本独自のエグザイル風SUVハリアーが2.0Lターボで本格派に転身か!?

日本独自のエグザイル風SUVハリアーが2.0Lターボで本格派に転身か!?

ハリアー プログレス “Metal and Leather Package” (ターボ車)

走りは微妙に本格派に

それとハリアーは、硬派SUVとは違う、微妙にゆるめだけど上質感溢れる走りが売りでしたが、今回231馬力の2リッター直4直噴ツインスクロールターボエンジン&マニュアルシフトを楽しめる6速AT仕様を初導入。同時に前後にパフォーマンスダンパーも備えてます。

果たしてどれだけ本格派になったかというと加速感は明らかに向上。特に発進時、アクセルを踏み込み、少し待っているとかつてのハリアーにはない厚みのあるパワー感が。正直今までの手軽な2リッターノンターボはパワーが全体的に薄めで、かたや高価なハイブリッドは独特のヌメリ感がありましたが、今回どちらとも違うダイレクトな速さを獲得。価格は300万円以上と少し張りますが、新たなワイルド感を得たと言っていい。

とはいえ物凄く濃いダイレクト感があるかというとそれほどでもないので、買われる方は試乗をオススメします。特に高速で多く乗る方はこのあたりの味わいは要チェックです。とにかくステアリングフィールや乗り心地も含め、前よりもしっかりしたワイルドかつ本格的なハリアー。日本独自のクルマ・ワイルドカルチャーも微妙に進化し、世界に近づいているってことなのかもしれませんな。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します