サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日本独自のエグザイル風SUVハリアーが2.0Lターボで本格派に転身か!?

ここから本文です

日本独自のエグザイル風SUVハリアーが2.0Lターボで本格派に転身か!?

日本独自のエグザイル風SUVハリアーが2.0Lターボで本格派に転身か!?

ハリアー プログレス “Metal and Leather Package” (ターボ車)

大衆に支持されたB面ミリオンセラー的存在

なんとも日本らしいワイルドSUV、3代目ハリアーがマイチェンしてレクサスにも使われている2リッター直噴ターボや先進安全装備のトヨタ セーフティセンスPを初搭載! 走りやテクノロジーがアップデートされましたが、このクルマの本質はそこにはありません。トヨタ言うところの「ハリアーネス」の進化こそが本当のキモであって、今回同時に内外装も微妙にブラッシュアップされているのだ! ってなわけで新型の細かいインプレに入る前に、改めて小沢がこのクルマの本質を独断と偏見で説明していくとしよう。

ハリアーは小沢言うところのエグザイル風の日本専用SUV。キモは自身が言う「高級・先進・洗練を軸とする」独特デザインで、ソイツはいわゆるワイルドだけど、どこかカチっとフォーマル的な部分。アーティストでいうエグザイル風テイストであり、それこそが日本独自のファッションセンスであって、日本やアジアで受けても欧米にゃ受けない世界観だったりする。

それが確立されたのは偶然で、歴史を紐解くと初代ハリアーはプリウスと同じ97年に発売。同時に北米ではレクサスRXの名前で発売されて共にバカ売れした。乗用車ベースのSUVとしてはBMW X5やポルシェ・カイエンの先取りでトレンドの先を行っていたわけなのよ。

その後、2009年に国際デザインを纏った3代目RXが国内に登場し、ゆくゆくはレクサスSUVとして一本化されるはずだった。ところがその後も売られ続けた2代目ハリアーが奇跡のロングセラーに。10年経っても日本の若者に支持される不思議なセクシーSUVとなり、トヨタ自身が逆にビックリ! 2013年に例外的に国内専用の3代目ハリアーが登場したのであーる。言わばジワジワ売れて後にシングルカットされたB面ミリオンセラーみたいな存在であり、異例なほどファンに支えられたスマッシュヒットなんですわ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します