サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > A3スポーツバック試乗。まさに横綱相撲

ここから本文です

A3スポーツバック試乗。まさに横綱相撲

ゴルフとの違いはどこに?

アウディA3スポーツバック(以下A3)はいうまでもなく、ゴルフの兄弟車である。この秋に発売された最新型の基本骨格は、ゴルフ7と同じく、各部にアルミや軽量構造を積極採用した最新世代のモジュラー構造体"MQB"を使う。ボディ形式はいわゆるCセグメント・ハッチバックの典型であり、本国には"スポーツバック"というサブネームがつかない3ドアも存在する。ホイールベースも同世代ゴルフと共通で、パワートレインも両車でオーバーラップしたものが多い……といった新型A3にまつわる基本情報の多くも、歴代A3とまったく変わりない。

先代のA3とゴルフでは全高にけっこう差があって、実物のプロポーションにはそれぞれの確固たる個性が即座に感じられたが、新型のA3とゴルフの全高はぼ同等。A3のデザイン的な特徴といえば、伝統の6ライトウインドウと前後エンドのデザインくらいのもので、新型ではパッと見たときの兄弟感が正直いって強まっている。

ちなみに、エンジンによってリアサスを使い分けるのもアウディとVWで変わりなく、A3でも1.2ターボ以下はリアにトーションビームを使う。ただし、日本仕様のA3は現時点で1.4ターボが最小エンジンなので、結果的に日本のA3は全車がリア・マルチリンクとなる。

たとえば同じ1.4ターボ同士で比較すると、A3のほうがゴルフより数十万円高い。では、その数十万円は"Audi"というただのブランド代(=バッジ代)か……というと、そんなことはない。パッケージから居住性、基本骨格、あるいは絶対的な静粛性などはゴルフとA3に決定的な差はないのだが(これはA3がどうこうより、ゴルフが良すぎる)、A3の実物を目の前にすると、確実に高価なオーラを漂わせている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら