サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ジャガーXFに海外試乗! ジャガーの癒しは健在か

ここから本文です

ジャガーXFに海外試乗! ジャガーの癒しは健在か

新生ジャガーで新たなユーザー獲得へ

ジャガーXFの国際試乗会は2月中旬、ニース~モナコで開催された。この時点では、インドのタタによるジャガーの買収は真しやかに囁かれてはいたものの、正式発表には至っていなかった。しかし、ジャーナリストの質問にも、ジャガーのエンジニア達は非常に前向きな姿勢で、タタ買収をウェルカムだと語ってくれた。ジャガーをリスペクトし、価値を認めてくれているという。タタはリーズナブルなクルマづくりで話題になっており、高級車ブランドであるジャガーとの生産上のシナジー効果というのはあまり期待できない。それだけに、ブランドに対して純粋に投資するのではないか。金にシビアで口うるさいダンナと別れ、お金持ちで包容力豊かな男性と再婚!と言ったところだろうか。

さて、そんな中、Sタイプの後継として登場したのがXFだ。Sタイプはかなりトラディッショナルなスタイリングだったし、現行のXJも伝統的な雰囲気を継承しているが、残念ながら世界的に販売台数は苦戦しているという。売れないのが不思議なくらい、乗るとジャガーネスにどっぷり浸かれる、良いクルマなんだけどね~。

結果、経営的にも苦しくなり、冒頭の買収話にも繋がるわけだが、そんなジャガーにとって、起死回生の一打となるべく投入したのがXFである。ドラスティックな変貌を遂げることで新生ジャガーをアピールし、新たなユーザーを獲得しようという作戦だ。ジャガーの場合、絶対的な価格以上に、イギリスの「クラス」感があり敷居の高さが感じられた。しかし、XFは、そんなイメージも払拭してくれ、親しみすら感じられる、エモーショナルなクルマである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら