サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マセラティ史上最速、MCストラダーレ試乗

ここから本文です

マセラティ史上最速、MCストラダーレ試乗

レースカーのDNAを引き継いだモデル

クアトロポルテやグラントゥーリズモなどの現行モデルを見る限り、「マセラティ」に対して、スポーツカーというよりは高級かつラグジュアリーなブランドイメージを抱くだろう。

だが、その歴史をひもとくと、マセラティはレーシングカーの製作会社として創設されている。マセラティ初のモデル「ティーポ26」は、1926年にタルガフローリオを制して鮮烈なデビューを飾り、その後も1937~40年のタルガフローリオにおいて4年連続表彰台を独占。1939~40年には8CTFでインディ500を連覇するなど、輝かしいレース戦歴をもつ。

もっとも、そんな昔まで遡るまでもなく、昨年のFIA GT1選手権ではMC12が5勝してシリーズチャンピオンに輝くなど、日本でこそ馴染みはないが、現在も積極的なレース活動を展開し速さを見せつけている。

さて、今回発表された「グラントゥーリズモMCストラダーレ」は、「グラントゥーリズモMC GT4」そしてワンメイクレース車両の「グラントゥーリズモMC トロフェオ」というレースカーのDNAを引き継いだモデルで、マセラティ史上、もっとも速く、もっとも軽く、もっともパワフルなモデルである。そして、マセラティとして初めて最高速度300km/hを超える301km/hを達成したモデルでもある。

フロントマスクはほぼそのままレースカーを踏襲しており、ネーミングにもマセラティのモータースポーツ部門「マセラティ コルセ(MC)」の名が冠されるなど、「グラントゥーリズモS」をベースとしながらも、似て非なる存在であることが一目瞭然である。もちろんルックスだけでなく、徹底的に空力性能の向上が図られるなど、機能的な意味でのデザイン変更となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら