サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ジープのアイコン、ラングラーの4代目がLAショーでデビュー

ここから本文です

ジープのアイコン、ラングラーの4代目がLAショーでデビュー

米FCAは、カリフォルニア州で29日に開幕したロサンゼルスオートショーで、新型「ジープラングラー」を世界初披露した。2006年の先代登場から約11年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

新型ラングラーは、ひと目でそれとわかるデザインや優れた走破性能を継承しながら、新技術の採用により環境性能とオフロード性能のさらなる向上を図っている。

デザインは、ラングラーの特徴である丸型のヘッドライトや四角いテールランプを採用。また、フロントグリルは初代CJ型の雰囲気を取り入れた形状とした。

ボディバリエーションは従来モデル同様、2ドアと4ドアを用意し、ルーフには新たに脱着式ソフトトップとハードトップのほかに電動開閉式ソフトトップの「スカイ ワンタッチ パワートップ」を設定した(2018年第2四半期に発売)。

また、ドアやボンネットフード、フェンダー、ウインドスクリーンフレームは強化タイプのアルミニウムを素材とし、スイングゲートにはマグネシウムを採用することで車体を軽く仕上げている。

パワートレインは新設計の2リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンと、3.6リッターV6ガソリンエンジン(アイドリングストップ機能付き)を設定。2019年には3リッターV6ディーゼルエンジンの追加も予定している。トランスミッションは8速オートマチックと6速マニュアルを用意する。

4WDシステムはモデルにより、ローレンジのギア比や制御の異なるシステムを設定。デフロックも用意し、本格的なオフロード性能に備える。

装備面では、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応したUconnectシステムを搭載し、スマホとの連携機能を強化している。

なお新型ラングラーは、北米では2018年の第1四半期に発売される見通しだ。

【ロサンゼルスオートショー2017特集はコチラ】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します