サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産、新型軽スーパーハイトワゴンのルークスを発表。プロパイロットはさらに進化

ここから本文です

日産、新型軽スーパーハイトワゴンのルークスを発表。プロパイロットはさらに進化

日産は2月25日、昨年3月に発売された2代目デイズの派生モデルとなるスーパーハイトワゴン、新型ルークスを発表しました。初代はデイズ ルークスの名称で販売されていましたが、2代目はデイズを外して独立させ、強力なライバルであるホンダN-BOX、ダイハツ タント、スズキ スペーシアの背中を追うこととなります。発売は3月19日から。

デザインはワイドなグリルで堂々とした存在感を打ち出したハイウェイスターと、シンプルモダンを意図したというスタンダードの2タイプ。ボディカラーは2トーンが5色、1トーンが12色で、うち3色が新色となっています。

広く、使いやすく改良

開口幅650mmに拡大された後席スライドドアには、セレナにも採用される片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を設定。後席は最大320mmのスライドが可能で、前方にスライドすると運転席に座ったまま後席の子供や荷物に手が届きます。また、助手席側スライドドア部に乗降をサポートする「オートステップ」も設定されました。

クラストップレベルの広さを実現したという室内は、後席ニールームを795mm、室内高は1400mmと小さい子供であれば立ったままの着替えも可能。荷室の床面も675mmと長く、48Lのスーツケースを4個積載できるスペースが確保されています。

進化版プロパイロットを採用

デイズに軽自動車で初搭載した運転支援技術「プロパイロット」の進化版を採用。新たにミリ波レーダーを追加し、より遠くの先行車の状況を検知できるようにしたことで、従来よりもスムーズな制御を可能にしました。その他にも、前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速時の危険回避を促す「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」や、「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を初設定するなど安全面も充実させました。

価格はハイウェイスターが173万4700円(X/FF)~206万6900円(Gターボ プロパイロットエディション/4WD)、スタンダードが141万5700円(S/FF)~168万800円(X/4WD)。日産と三菱の合弁会社NMKVによる姉妹モデルであるeKクロス スペース、eK スペースの発表から3週間ほど遅れての登場となりましたが、ライバルたちに引けを取らない充実した内容と言えそうな新型ルークス。春に向けてスーパーハイトワゴンの戦いが熱くなりそうです。

【 日産 デイズルークスのその他の情報 】
日産 デイズルークスの中古車一覧
日産 デイズルークスのカタログ情報
日産 デイズルークスの買取相場

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します