サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > プジョー508海外試乗、胸騒ぎが現実になった

ここから本文です

プジョー508海外試乗、胸騒ぎが現実になった

胸騒ぎが現実になった

昨年秋に開催されたパリモーターショーでのデビューには立ち会えなかったけれど、新型プジョー508の写真を見て、僕は密かなる胸騒ぎを覚えていた。406ブレークのオーナーだった自分としては、現行モデルである407は少々デコラティブ方向に寄りすぎかなと思っていた。その点、508のルックスはとても端正であり、以前のプジョーらしさを取り戻したような印象を受けたからだ。

果たしてスペインの澄み渡るような青空のもとで対面した508は、セダンもSW(ワゴン)も均整の取れたとても美しいフォルムの持ち主だった。407と同じ「プラットフォーム3」を進化させて使っているが、フロントオーバーハングを43mm短縮した結果、上屋の視覚的重量が前後輪に均等にかかるようになったのが効いているのだろう。軽快という表現までは使えないけれど、407に漂っていたフロント周りの重苦しさは一掃された。

508はプジョーがコンセプトカーの「SR1」で提示した新世代デザインを採用する最初の市販車であり、大きな開口部をもつフロントグリルが特徴だ。とはいえ「どうだ!」と言わんばかりの押し出し感はない。シングルフレームグリルを採用し始めた頃のアウディのような、とってつけたような印象も皆無だ。大きなグリルが違和感なく溶け込み、シンプルでエレガントな仕上がりになっている。

とはいえシンプル=没個性というわけではない。細かなディテールにまで落とし込まれたデザイナーの美意識が素材(均整の取れたプロポーション)のよさを見事に引き出し、見れば見るほど味わいが増していく。とくにSWのサイドビューは珠玉の造形。ため息が出るほどの美しさだ。一方、セダンにも捨てがたい魅力がある。「ハイデッキ」なのに「尻下がり」に見える独特なリア周りの造形や横長のメッキガーニッシュなど、個性の強さはSW以上。使い勝手や用途もさることながら、デザインの好みで選ぶのも大いにアリだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら