サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マイナーチェンジしたレヴォーグとWRXはパフォーマンスや乗り心地にも手が入った

ここから本文です

マイナーチェンジしたレヴォーグとWRXはパフォーマンスや乗り心地にも手が入った

S4にツーリングアシスト、STIはメカニズム系も進化

レヴォーグと同じタイミングで「WRX S4」と「WRX STI」もマイナーチェンジした。S4にはレヴォーグ同様、アイサイトにツーリングアシストが加わった。MTしかないSTIにはアイサイトは装着不可。STIは上級のタイプSに19インチホイールがオプション設定され、小規模のフェイスリフトとあいまって、かなり精悍なルックスに。会場にはオプションの巨大なリアスポイラーを付けていない245/35R19サイズのタイヤ装着車があったのだが、これがまた見飽きたWRブルー・パールではなくダークグレー・メタリックだったのでとても大人っぽく見えた。

最高出力308ps/6400rpm、最大トルク422Nm/4400rpmを発揮する2L 4気筒ターボエンジンに変更はないが、相変わらずパワフル。突如ランエボが復活でもしてこない限りチューンナップは不要だ。レヴォーグより一段も二段も頑強そうなボディを感じながら、取り付け剛性の高いステアリングホイール、シフトレバー、3つのペダルを操作してハイパワーを御するのは、古典的だが永遠に古びることのない運転の喜びだ。

新型は回頭性を高めることと、フラットで快適な乗り心地を目指したという。また初期制動力を高めるべく、前後ともブレーキディスク径が17インチから18インチへ拡大し、フロント2ピースの4ポット、リア2ピースの2ポットから、同モノブロック6ポット、同モノブロック4ポットに変更された。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します