サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > シビックタイプRリミテッドエディションに鈴鹿サーキットで試乗。FF世界最速の理由が見えた

ここから本文です

シビックタイプRリミテッドエディションに鈴鹿サーキットで試乗。FF世界最速の理由が見えた

シビックタイプRリミテッドエディションに鈴鹿サーキットで試乗。FF世界最速の理由が見えた

シビック タイプR リミテッドエディション

ライバルメガーヌとの世界最速FFの行方は

鈴鹿サーキットのピットレーンには3台のサンライトイエロー2のリミテッドエディションが準備されていました。試乗はアウトラップインラップ合わせて4ラップ、うちアタックラップが2ラップで、2セットを走行するスケジュールです。

2017モデルのサーキット試乗時の感覚を思い出しながら速度リミッターがカットされた2020リミテッドエディションでコースインします。1セット目はVSA(ビークルスタビリティアシスト)をONで1アタック、OFFで1アタックを行いました。2017モデルでは組まれていなかったブレーキング後のターンインとターンアウトの制御ロジックが追加されたザックス製可変ダンパーと軽量化されたボディ、BBS鍛造ホイールの組み合わせは、ダンロップコーナー後半のアンジュレーションも安心してアクセルを踏んでいけます。2セット目ではVSCを全カット(スイッチ長押し)でコースインしてみました。気付くと各コーナーでタイム短縮に繋がらないスライド量が増えていたようで、130Rでリアを大きくスライドさせてしまったので、VSCオフの状態に戻して残りのアタックを行いました。2ピース化されたブレーキはアタック後半でも踏力変化が少なく、安心してコーナーに突っ込めます。2017モデルよりアンダーステア、オーバーステアの姿勢コントロールがしやすく、ボトムスピードを高く保ちながら狙ったラインにのせやすいイメージでした。

ホンダはシビックタイプR リミテッドエディションの鈴鹿サーキットでのベストラップを2分23秒993、ルノーは「メガーヌ R.S.トロフィーR」のベストラップを2分25秒454と発表しています。現在のコロナ禍では、ホンダのニュルブルクリンクでのタイムアタックは難しいようですが、今後の両車の世界最速FFラップタイムに注目です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します