サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディ、本格スポーツR8の改良モデルを披露。約50%のパーツをレースカー仕様と共有

ここから本文です

アウディ、本格スポーツR8の改良モデルを披露。約50%のパーツをレースカー仕様と共有

独アウディは10月24日、フラッグシップスポーツ「R8」および「R8スパイダー」にマイナーチェンジを実施し、2019年初頭から欧州で販売を開始すると発表した。

今や数少なくなった大排気量の自然吸気エンジンをミッドシップに搭載し、ロー&ワイドなフォルムで圧倒的な存在感を示すアウディR8。今回のマイナーチェンジでは、エンジン出力がさらに高められ、外装もスポーティさを増した。

メカニカルな面では、サスペンションがスタビリティを向上させるべくモディファイされたほか、ステアリングにもファインチューニングが施され、反応や正確さが高められている。また、カーボンとアルミで構成され、2kgの軽量化を実現する新設計フロントスタビライザーがオプションで用意された。

エンジンについては、パワーの向上が明らかにされたが、スペックの公表は見送られた。現行モデルの610psからどの程度引き上げられているのか気になるところだ。

ちなみにレースカー仕様のR8 LMS GT3とは約50%のパーツを共有し、レースの血筋が濃いことがアピールされている。

エクステリアでは、ブランドアイコンでもあるシングルフレームグリルがフラットかつワイドな形状に変更された。これによって低重心感が視覚的にも強調され、スポーティ感を増した印象だ。新たにオプションで用意される20インチ超軽量ホイールも、ダイナミックなスタイリングに一役買っている。

2015年のデビュー以来初となるマイナーチェンジで競争力を高めてきた2代目R8。その最新型は、ヨーロッパでは来年初頭に発売される予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します