新車価格(税込)

3091.03508.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1280.02520.0万円

中古車を検索

グレード情報R8 (クーペ)

ユーザーレビュー8件R8 (クーペ)

R8 (クーペ)

  • 車高が低い
  • 運転が楽しい
  • 燃費が良い

平均総合評価

5.0
走行性能:
4.6
乗り心地:
4.2
燃費:
3.8
デザイン:
4.8
積載性:
3.4
価格:
4.3

所有者データR8 (クーペ)

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. クーペ V10 5.2 FSI クワトロ_LHD_4WD(AT_5.2)
    2. クーペ V10 5.2 FSI クワトロ_RHD_4WD(AT_5.2)
    3. クーペ V10 プラス 5.2 FSI クワトロ_RHD_4WD(AT_5.2)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    90.6%
    女性
    6.2%

    その他 3.1%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 43.3%
    2. 東海地方 20.0%
    3. 近畿地方 10.0%
  • 年代

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 R8

平均値を表示しています。

R8

R8の中古車平均本体価格

1740.4万円

平均走行距離13,541km

買取情報R8 (クーペ)

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて R8 (クーペ)

2019年8月

■2019年8月
アウディジャパンは、フラッグシップスポーツの「R8クーペ」の一部仕様、装備を2019年8月24日に変更し、同日より受注を開始した。納車は同年12月以降を予定している。

今回の変更点は自然吸気V10の5.2リッターエンジンを過去最高の620psとし、7速Sトロニックトランスミッションと組み合わせている。電子制御油圧多板クラッチ式のクワトロフルタイム4輪駆動システムは走行状況に応じて駆動トルクを自動で配分、極限の状況では前輪または後輪のいずれかに100%トルクを伝達することも可能。低負荷時には片バンクを休止させるシリンダーオンデマンドも採用され、アクセルオフでエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードも備えている。

エクステリアは前後にLEDライトを標準装備。さらにレーザーハイビーム、前後にダイナミックターンインディケーターを搭載した。ロー&ワイドなシングルフレームグリルとかつての「スポーツクワトロ」をイメージさせる細いスリットを採用。縦に分割されたエアインレットなどにより、より精悍な印象となった。

リヤまわりについてもボディ幅いっぱいにエアアウトレットが広がり、リヤディフューザーには楕円形の大型エキゾーストパイプをインストールするデザインとした。また、サイドウインドウ部とボディサイドにサイドブレードを2分割することでミッドシップスポーツらしさを強調させている。

従来モデルでは2グレードだったラインアップはベースグレードを整理し、ハイパフォーマンスグレードのみとした。

同日、R8のV10エンジン搭載モデル、デビュー10周年を記念した特別仕様車「R8 デセニウム」の受注を10台限定で開始した。
アウディ ジャパンは、「アウディTTRSクーペ」を2020年10月7日に一部改良、2021年10月23日より販売を開始した。

今回の改良では、エクステリアデザインをリニューアル。「アウディR8」のエッセンスを盛り込み、よりダイナミックなスタイルに仕立てられた。搭載されるオールアルミ製の2.5リッター5気筒TFSIガソリン直噴ターボ(400ps/480Nm)はさらに洗練を極めたという。インテリアではセンターアームレストが標準装備となった。

同時に、RSモデルの誕生25周年を記念した限定車「TTRSクーペ25 years」が登場した。1994年に登場した「RS2アバント」へのオマージュとして、「ノガロブルー・パールエフェクト」のボディカラーを採用。ブラックのアウディリング/ドアミラー/リヤスポイラーマウント/リヤスポイラーサイドブレード、さらにカラードブレーキキャリパーレッド、デコラティブパネルカーボン、カーボンエンジンカバー、マトリクスLEDリヤライト、20インチアルミホイール、専用ロゴ付きアルカンターラ/レザーシート(ブルーステッチ)、Bang&Olufsenサウンドシステムなどを装備する。

日本への割り当ては35台。2020年12月以降の発売を予定している。

2021年10月1日には価格改定を実施した。

2022年4月1日には価格改定を実施した。

同年8月23日には価格改定を実施して、同年10月に発売を予定している。


■2023年12月
アウディジャパンは2023年12月14日、フラッグシップスポーツクーペ「R8」の最終モデルとなる日本専用限定車「ジャパンファイナルエディション」を発売した。限定台数は8台。

「R8」は、アウディのレーシングモデルやRSモデルの開発、製造、販売を担うアウディスポーツが手掛けるミッドシップのスーパースポーツだ。これまで17年間にわたり製造が続けられてきたが、日本では本モデルをもって販売が終了となる。

今回のモデルは「R8クーペ V10 パフォーマンス 5.2FSI クアトロ Sトロニック」をベースに、日本のユーザーのために企画された限定車だ。エクステリアは「ブラックアウディリングスパッケージ」のほか、随所にカーボンパーツを取り入れ、テーマカラーのひとつである金に見立てたマットブロンズポリッシュトのアウディスポーツ製20インチ5エヴォスポークデザインのアルミホイールを装備するなど、スポーティな仕上がりになっている。ボディカラーは「アイビスホワイトマット」で、セラミックブレーキのキャリパーはグロスレッドという仕上げとなる。こうして白、赤、金という日本古来の伝統文化に通じる3色でコーディネートすることで、日本市場専用の特別なエクステリアに仕上げられている。

インテリアはダイヤモンドステッチングをアクセントに用いながら、ブラックを基調にアラバスターホワイトの2トーンカラーで統一。スポーツシートにはファインナッパレザー、ヘッドライニングとラゲッジコンパートメントライニングにはアルカンターラを採用した上質な仕上げとなっている。ステアリングホイールは、標準装備の3つのコントロールボタンに加えて、エンジンサウンドをコントロールするボタンが追加され、4コントロールサテライトのマルチファンクションステアリングとなっている。また、ドアシルトリムは8台限定を表す数字と「JAPAN FINAL EDITION」のレタリングが施される。

パワートレインはベースモデルと同様に自然吸気高回転型5.2リッターV型10気筒エンジンを搭載し、最高出力620PS、最大トルク580Nmを発生する。7速Sトロニックトランスミッションと「クアトロ」四輪駆動システムを組み合わせ、0-100km/h加速は3.1秒をマークする。サスペンションには、走行状況に合わせてダンパーの減衰力を最適制御する「アウディマグネティックライド」を搭載している。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。