現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【後輪駆動のスーパーカー】アウディR8 新型「パフォーマンスRWD」発表 V10エンジン強化

ここから本文です

【後輪駆動のスーパーカー】アウディR8 新型「パフォーマンスRWD」発表 V10エンジン強化

掲載 更新 6
【後輪駆動のスーパーカー】アウディR8 新型「パフォーマンスRWD」発表 V10エンジン強化

全モデルが「パフォーマンス」に

執筆:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

【画像】新型アウディR8パフォーマンスRWD【ライバルと写真で比較】 全94枚

翻訳:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アウディR8の後輪駆動モデルが欧州で改良を受け、パワー、トルク、ダイナミック・パフォーマンスが強化された。

これまで「R8 V10 RWD」と呼ばれていたが、最新モデルからは「R8パフォーマンスRWD」に変更される。つまり、R8の全モデルに「パフォーマンス」の名が与えられることになる。

全体的なデザインはそのままに、「R8のモデルレンジをより強固にトップに立たせる」ことを目的とした改良が施されている。

ランボルギーニ・ウラカンと共通の5.2L自然吸気V10エンジンを引き続き搭載しているが、最高出力は570ps、最大トルクは56kg-m(30psと1kg-mの向上)となった。静止状態からわずか3.7秒で100km/hに到達し、最高速度は328km/hに達する。

従来通り、7速Sトロニック・オートマチック・トランスミッションと機械式LSDを介して後輪を駆動する。

クーペをコンバチを引き続き設定

R8パフォーマンスRWDのボディタイプはクーペとコンバーチブルが用意されており、重量はそれぞれ1590kgと1695kgとなっている。

コーナリングでの「より正確な反応とフィードバック」を実現し、低速域でのコントロール性を向上させるというダイナミック・ステアリングがオプションで用意されている。

デザインや装備は、バッジの違いを除いて、4輪駆動の最上位モデルであるクワトロとほぼ同じ。19インチのツインスポークアルミホイール、ナッパレザー・スポーツシート、12.3インチのバーチャルコックピットなどを標準装備している。

また、オプションのエディション・パッケージでは、ブロンズカラーの20インチホイール、カーボンファイバー製サイドブレード、ブラックバッジ、Bang&Olufsen製サウンドシステム、レッドのブレーキキャリパー(4輪駆動モデルにはカーボンセラミック製ブレーキディスク)が追加される。

R8パフォーマンスRWDの受注は、欧州では10月21日から開始される予定。価格はクーペが12万6885ポンド(1930万円)、コンバーチブルが13万5575ポンド(2060万円)からとなっている。

こんな記事も読まれています

幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
2024年版 世界をリードする高級EV 10選 「静か+速い」最先端の移動体験
AUTOCAR JAPAN
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
総勢380台のランボが集結! 史上最大規模の祭典「ランボルギーニアリーナ」が初開催! イモラがファイティングブルに埋め尽くされました
Auto Messe Web
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
【MotoGP】ビニャーレス、会心ポールでスプリント連勝「バイクに魔法がかかっていたみたいだ」
motorsport.com 日本版
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

6件
  • R8も廃盤ですね。
  • たまーに0〜100kmh加速の紹介で、
    0〜100kmh加速を3.2秒で駆け抜ける
    とかいう言い回しをみかけるけど文としておかしいと思わないのかね。

    その速度に到達するまでの時間の話なんだから、駆け抜けるなんて表現当てはまらないだろうに。

    この記事みたいな書き方にするか、
    0〜100kmh加速は3.2秒。
    だけでいいのに、って常々思っている。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3091.03508.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

568.72350.0万円

中古車を検索
R8 (クーペ)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3091.03508.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

568.72350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村