現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 620馬力の新型「和風スーパーカー」発売! 「日本」モチーフの“究極モデル”は10気筒エンジン搭載! 3500万円から

ここから本文です

620馬力の新型「和風スーパーカー」発売! 「日本」モチーフの“究極モデル”は10気筒エンジン搭載! 3500万円から

掲載 更新 15
620馬力の新型「和風スーパーカー」発売! 「日本」モチーフの“究極モデル”は10気筒エンジン搭載! 3500万円から

■“日本感”ハンパない! 特別な「R8」発売

 アウディは2023年12月14日、フラッグシップモデルのスーパースポーツカー「R8」の日本最終限定モデルを発売しました。

【画像】「えっ…!」カッコいい! これが日本限定の「R8」です(37枚)

 R8は、アウディのレーシングモデルやスポーツグレード「RS」モデルを開発・製造するアウディスポーツGmbHが開発を担当。

 レーシングカーの遺伝子を受け継いだハイパフォーマンスを発揮しつつ、日常走行における快適な乗り心地も兼ね備えた稀有なスーパースポーツカーとして、17年間にわたる進化を続けてきました。

 今回発表された限定モデル「R8 ジャパン ファイナル エディション」は、R8の歴史の最終章を飾るべく誕生した8台のみの日本限定モデルで、ベース車には「R8クーペ V10パフォーマンス 5.2FSI クワトロ Sトロニック」を採用。

 パワーユニットに最高出力620馬力・最大トルク580Nmを発揮する5.2リッターV型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、トランスミッションには7速Sトロニック、駆動方式は四輪駆動を組み合わせて、0-100km/h加速を3.1秒で駆け抜けます。

 またこの日本限定モデルは、エクステリアにも日本の美的センスを融合させたデザインが取り入れられ、シンプルでエレガントな水平基調ボディの随所にカーボンパーツを採用。効果的にブラック化されたことにより、ボディを視覚的にストイックに引き締めます。

 インテリアは、ブラックを基調にアラバスターホワイトとのツートンカラーで統一。

 左右に設けられたスポーツシートは表皮にファインナッパレザーを、ヘッドライニングとラゲッジコンパートメントライニングにはアルカンターラを採用し、圧倒的なパフォーマンスに見合う上質な空間を創出しています。

 またドアシルトリムには、8台のみの限定車を示す数字とともに「JAPAN FINAL EDITION」文字が刻まれます。

 さらに同車は限定モデルを印象づけるべく、ボディカラーには上質で柔らかなアイビスホワイト マットを採用。

 足元には“金”に見立てたマットブロンズポリッシュのアウディスポーツ製20インチアルミホイールを装備し、ハイパフォーマンスを暗示するセラミックブレーキのグロスレッドキャリパーと組み合わせて、日本古来の紅白の華やかさを演出します。

 このようにジャパン ファイナル エディションは、「白・赤・金」という日本の伝統に通じる3色を組み合わせたことで、日本にふさわしい特別感あふれる限定車となりました。

※ ※ ※

 R8 ジャパン ファイナル エディションの車両価格(消費税込)は、3508万円。

 8台限定の販売で、ステアリング位置は右側のみとなります。

こんな記事も読まれています

中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
WEB CARTOP
639万円のトヨタ「斬新バン」現る!?  フルエアロ&4本出しマフラー仕様! 特別な赤い「スティンガー ハイエース」とは
639万円のトヨタ「斬新バン」現る!? フルエアロ&4本出しマフラー仕様! 特別な赤い「スティンガー ハイエース」とは
くるまのニュース
ヤマハ「YZF-R1"JR Replica"」 65台限定のジョナサン・レイ仕様車登場
ヤマハ「YZF-R1"JR Replica"」 65台限定のジョナサン・レイ仕様車登場
バイクのニュース
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、欲しいサウンドを奏でられる「サブウーファーボックス」を作れる!
[カーオーディオ・プロショップに行こう♪]プロなら、欲しいサウンドを奏でられる「サブウーファーボックス」を作れる!
レスポンス
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
@DIME
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
納付期限が切れた自動車税をコンビニで支払うことはできる?
@DIME
これ以上ない深化と熟成、そして洗練!「二代目センチュリー」発売!【27年前の今日、こんなことが…】
これ以上ない深化と熟成、そして洗練!「二代目センチュリー」発売!【27年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
第40話 バイク用ジャケットを買ってみた 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
第40話 バイク用ジャケットを買ってみた 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
モーサイ
プジョー 508【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
プジョー 508【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダN-BOX「独自のユーティリティ性と確かな走行性能」
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】ホンダN-BOX「独自のユーティリティ性と確かな走行性能」
カー・アンド・ドライバー
スズキの最新「コンパクトミニバン」実車公開! 「MT×ハイブリッド」設定もありでアンダー260万円! 精悍マスクの「エルティガ ハイブリッド」比で登場
スズキの最新「コンパクトミニバン」実車公開! 「MT×ハイブリッド」設定もありでアンダー260万円! 精悍マスクの「エルティガ ハイブリッド」比で登場
くるまのニュース
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
トヨタ新型「ランドクルーザー250」はなぜ日本で“プラド”を名乗らない? まもなく発売で期待が高まるランクルシリーズの中核モデルとは
VAGUE
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
300馬力超え! トヨタが新型「パワフル“SUV”」発表! 上品ブルーが超カッコイイ“超静音4WD”「RAV4」伯で約1210万円
くるまのニュース
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
ホンダが中国市場向けの次世代EV「烨シリーズ」を公開、2027年までに6モデル投入へ
@DIME
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
Merkmal
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ベストカーWeb

みんなのコメント

15件
  • 豆猫
    3行目に500万円からって始まってたので、「あ、買えるやん」と思ったら2行目の最後に「3」があった・・・
  • k_shumatsu
    車の写真ってどうして出し惜しみするような撮り方なんだろうか。モヤモヤする。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3091.03508.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

568.72350.0万円

中古車を検索
R8 (クーペ)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3091.03508.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

568.72350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村