現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ガヤルドと親戚関係 アウディR8(初代) 英国版中古車ガイド 今後の価値上昇も

ここから本文です

ガヤルドと親戚関係 アウディR8(初代) 英国版中古車ガイド 今後の価値上昇も

掲載 更新 58
ガヤルドと親戚関係 アウディR8(初代) 英国版中古車ガイド 今後の価値上昇も

ガヤルドと主要部分を共有するR8

2005年当時、アウディがポルシェ911に対峙できるミドシップ・スーパーカーを発売し、大成功すると聞いて、信じた人はどの程度いただろう。ハイパフォーマンス・モデル市場に与えるインパクトを、予想することは難しかった。

【画像】初代アウディR8と多くを共有したランボルギーニ・ガヤルド 現行の2代目も 全53枚

われわれの考えを良い意味で裏切ってくれたのが、初代アウディR8だ。スリリングなドライビング体験と、舌を巻くような普段使いのしやすさとが同居している。アウディのマスターピースといっても、過言ではない。

歴史あるドイツのフォーリングス・ブランドは、同じフォルクスワーゲン・グループの傘下になったイタリアン・ブランドから力を借りた。ご存知、ランボルギーニだ。

アルミニウム製のスペースフレーム構造は、基本的にガヤルドと同じもの。ガラス製エンジンカバーの内側には、こちらもガヤルドと主要部分を共有する、V型8気筒が誇らしげに姿を見せていた。

アウディとランボルギーニとで、明らかに差別化されていたのが販売価格。2007年のR8の英国価格は7万6825ポンドで、ガヤルドより約3万ポンドも安かった。

初代R8が初めに搭載したのは、自然吸気の4.2L V8エンジン。最高出力420psを発生し、レッドラインは8500rpmに設定された。

これはガヤルドだけでなく、同時代のアウディRS4にも搭載されたユニット。燃費は期待できなくても、回りたがりな性格とドライな咆哮で、ドライバーを満たした。トランスミッションは7速セミオートマティックに加えて、6速マニュアルも選択可能だった。

動的能力と乗りやすさとの高バランス

さらにもっと、を求めた市場へ応えるように、2009年に525psを発揮した5.2L V型10気筒エンジンが追加。これもガヤルドからの派生ユニットで、0-100km/h加速時間はV8の4.2秒から、3.9秒へと短縮している。

2013年には、550psを発揮するR8 V10プラスが登場。0-100km/hダッシュを3.5秒でこなす俊足を得た。このV10プラスでは、50kgの軽量化に加えて、専用のサスペンション・チューニングと、カーボンセラミック・ブレーキも獲得している。

スーパーカーは加速力だけでなく、シャープでコレクトな操縦性も重要。もちろん、R8はその点でも見事だった。

アウディらしく四輪駆動システムのクワトロを搭載していたが、リアタイヤ側へトルク配分の軸が置かれており、より自由度の高い操縦性が与えられていた。俊敏なだけでなく、バランスも秀逸だった。

油圧アシストのステアリングは、操る自信を沸き立たせてくれる重み付けで、感触も豊か。クルマとドライバーとの、理想的なコミュニケーション・デバイスといえた。

カーブの続く山岳地帯の道でも、サーキットでも、ステアリングホイールを握れば誰もが夢中になってしまう。それでいてアウディらしく、快適性や乗りやすさもクラスでは突出していた。走り一辺倒の、スパルタンなモデルとは違っていた。

インテリアは広々としていて、豪華な仕立てでありながら実用的。ダッシュボードのデザインも整然としており、派手すぎず使いやすい。

時間の経過とともに価格上昇の可能性も

アウディR8は、グランドツアラーとスーパーカーとを、高い次元で両立させていた。現在の中古車価格で並べる実力を持つモデルは、探してもほぼ見つからない。

運転の興奮度合いでは、ポルシェ911 ターボの方が上かもしれない。それでも、アウディのミドシップ・スーパーカーは、ブランドのフラッグシップにふさわしい完成度を備えていた。

英国市場には、充分に乗れる状態のR8が3万2000ポンド(約496万円)前後から流通している。スーパーカーとして考えれば、最もお手頃なモデルといって良い。現在の価格は低水準にあり、維持管理が良ければ、時間の経過とともに上昇していくだろう。

V8エンジンでもV10エンジンでも、R8の訴求力は変わらない。検討するなら、今がチャンスといえる。

新車時代のAUTOCARの評価は

ガラスカバーの内側にV8エンジンを宿す、ミドシップ・スーパーカーの基礎骨格を持ちながら、アウディR8の走りはより身近なスポーツカーに近い。

強大なコーナリング・グリップを備え、機敏に身をこなす。それでいながら、高速走行時の質感は印象的なほどで、快適とすら表現できる。グランドツアラーとしての素質にも優れている。

もし既にオーダー済みなら、素晴らしい判断だったといえる。アウディR8は、2007年のベスト・バイ・スーパーカーだ。 (2007年1月14日)

専門家の意見を聞いてみる

アレックス・グリーン氏:ファウンテン・モータース社代表

「アウディR8が英国へ上陸した2007年以来、販売やメンテナンスを手掛けてきました。それ以来、R8には魅了されっぱなしです」

「変化が激しい世界にあって、まだ登場から20年も経過していませんが、R8はネオクラシックとしての地位を築き始めています。そのことで、改めて好感を持つようにもなりました」

「一部の部品や作業は高額な場合もありますし、丁寧に定期的なメンテナンスをこなす必要があります。それでも、その投資に見合う固有の体験が得られます」

「走りが素晴らしいだけでなく、長時間鑑賞できる美しさも備えています。ベスト・コンディションなら、クラシックとして長く所有する価値は間違いなくあります。これまでのアウディで、最高のクルマといえるでしょうね」

知っておくべきこと

R8 V10プラスが登場する前に、アウディは限定仕様のGTを2011年に販売している。英国へ導入されたのは33台で、5.2L V型10気筒エンジンは560psという高い出力を発揮した。トランスミッションは、Rトロニックが組まれていた。

新車時の英国価格は14万2585ポンドだったが、現在はかなりお手頃に探せるようだ。さらに、GTスパイダーも2012年に限定生産されている。

2014年には、R8 LMXも登場している。限定99台で、アラ・ブルーという特別色で仕立てられていた。こちらは一層パワフルで、570psを発揮し、新車時の価格は16万25ポンド。量産車としては初めて、レーザー・ヘッドライトが標準装備されていた。

購入時に気をつけたいポイント

サスペンションとタイヤ

スチール製のボルトとナットが傷みやすく、リアロワー・ウイッシュボーンはダメージを受けがち。ウイッシュボーンの交換はアッセンブリーとなり、安くはない。

マグネティックライドと呼ばれたアダプティブ・ダンパーは、年式が古いほど故障も増える様子。交換するなら、高品質なコイルオーバー・キットをチョイスするのも手だ。

R8は、摩耗したタイヤやダンパー、ブッシュ類の影響を受けやすい。事前の試乗が可能なら、加減速時やコーナリング時に異音がないが、しっかり直進するかなどを確かめたい。

エンジン

基本的には堅牢ながら、V8エンジンの一部ではボトムエンド・ベアリングの劣化が確認されている。ゴロゴロと怪しい異音がないか、確かめたい。

車体後部左側の、オイルクーラーの配管が錆びることがある。点火コイルの劣化も想定の範囲。

トランスミッション

クラッチは3万2000kmほどは使える。セミオートマティックのRトロニックも、必ずしも信頼性が高いわけではない。

ブレーキ

R8のブレーキディスクは高い。ディスクの寿命を伸ばすため、ブレーキパッドは半分くらい減った時点で交換するのがベター。

ボディ

スチールとアルミニウムが接触する場所で発生する、ガルバニック腐食に注意したい。R8の場合はドアが長く、凹み傷も付きがち。パネルの交換は安くない。

英国ではいくら払うべき?

3万2000ポンド(約469万円)~3万4999ポンド(約541万円)

英国では、乗れる状態の下限の価格帯。走行距離が長く、多少の不具合も考えられるR8を探せる。

3万5000ポンド(約542万円)~4万1999ポンド(約650万円)

状態の良い初期のR8を英国では購入できる。走行距離は8万km以下が期待できる。

4万2000ポンド(約651万円)~4万9999ポンド(約774万円)

グッド・コンディションの初期のR8を探せる価格帯。走行距離も短め。2010年以降のR8も含まれる。

5万ポンド(約775万円)~5万9999ポンド(約929万円)

V型10気筒を載せたR8 V10を選べる価格帯。コンバーチブルのR8 スパイダーも英国ではこの辺りから狙える。

6万ポンド(約930万円)以上

2014年以降のモデルを英国では探せる。V10プラスや限定のGTも含まれる。走行距離は短く、状態の素晴らしい例が殆どなはず。

英国で掘り出し物を発見

アウディR8 4.2FSI クワトロ(英国仕様) 登録:2008年 走行距離:5万3100km 価格:4万2950ポンド(約665万円)

V8エンジンを搭載した初期のR8。6速MTだけでなく、理想的なオプションがふんだんに搭載されている。コンディションは良好といえ、メンテナンスの履歴にも不備はないようだ。

比較的手頃な価格で、走行距離も妥当な範囲。魅力的な1台といえるだろう。

こんな記事も読まれています

3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web

みんなのコメント

58件
  • 文中、R8とガヤルドがエンジンを共有していたように取れる箇所があるけど、ガヤルドは最初から最後までV10だったよね。
  • アウディが開発したっていう人多いけど、元々アウディに買収される前にランボルギーニがV10のガヤルドを作ってたのが元なんだよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3091.03508.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

568.72350.0万円

中古車を検索
R8 (クーペ)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3091.03508.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

568.72350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村