サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ワイルドアスリート化した新SUVのEペイスにジャガーの大変革を見た

ここから本文です

ワイルドアスリート化した新SUVのEペイスにジャガーの大変革を見た

ワイルドアスリート化した新SUVのEペイスにジャガーの大変革を見た

Eペイス R-DYNAMIC HSE P250

大変革の時を迎えているジャガー

それからEペイスのもう一つの売りは新世代のコネクティビティや先進安全。10.2インチのセンターモニターはスマホ並みのタッチ操作が可能。オマケにオプションの車内Wi-Fiシステムにドコモ系のフリーSIMを指せば、助手席スマホでネットサーフィンはもちろん、最大8台までのデバイスをインターネットに接続できる。

唯一、最新インフォテイメントシステムでアップルカープレイやアンドロイドオートを使えないのが疑問だが、要するにこれまでのジャガーとは思えないほどワイルド&セクシーな新型コンパクトSUVがEペイスなのだ。

今回ショーン・コネリーどころか、エグザイルにも似合いそうなワイルド&リッチなテイストを纏ったジャガー。レクサスLSが「セダンのボンドカー」を、ボルボが「北欧王室の如きノーブルさ」を纏い始めたように、ジャガーも大変革の時を迎えている。

その姿にまだ戸惑いはある。かつてのイメージと余りに違い過ぎるからだ。だが、今やプレミアムは勝負の時。新興国も含めてマーケットの伸びは凄く、つくづくドイツ車にひとり勝ちさせている時代じゃなくなったということなのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します