サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ワイルドアスリート化した新SUVのEペイスにジャガーの大変革を見た

ここから本文です

ワイルドアスリート化した新SUVのEペイスにジャガーの大変革を見た

ワイルドアスリート化した新SUVのEペイスにジャガーの大変革を見た

Eペイス R-DYNAMIC HSE P250

中身も外見も完全にアスリート化

時代も変われば変わるものよ。かつてはショーン・コネリーの如くエレガントでクラシックなムードを纏ったジェームス・ボンドが、今やマッチョな格闘家イメージをも漂わせているように、ジャガーも完全に生まれ変わったのだ。それを改めて感じたのが先日、日本に上陸した初のコンパクトSUV、Eペイス。

今の売れ線モデルで4.4mの全長はBMW X1や出たばかりのボルボXC40のガチンコライバル。ところがイメージは全然違う。これまでのジャガーは古き良きイギリス文化の象徴だったが、今や中身も外見も完全にアスリート化。もちろんクルマは悪くない。問題は、日本のクルマ好きが本当にこの変化に付いて行けるかなのだ。

そもそもジャガーは2007年に強力なモダンセクシー路線に変更。ミディアムセダン「XF」をきっかけに生まれ変わったが、中でも大きかったのは2016年誕生のジャガー初のSUV「Fペイス」。コイツはFRプラットフォームベースの本格的スポーツSUVで、マッチョでモダンなスタイルと本格的な走りが売り。それもアウディAWD的な全天候型スポーツじゃない。もっと男臭いワイルドなステアリングフィールや走り味を備えていた。エレガントと同時にタフでワイルド&モダン。カッコは確かにいいが、正直魅力をはかりあぐねていた。これは本当にジャガーらしいのか? と。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します