サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 発明級の小技も!? 生活者視点で攻める新型スペーシア、ライバルは射程圏内

ここから本文です

発明級の小技も!? 生活者視点で攻める新型スペーシア、ライバルは射程圏内

発明級の小技も!? 生活者視点で攻める新型スペーシア、ライバルは射程圏内

スペーシア ハイブリッドX

スペーシアらしさをアピールできるか

「21万8478台」VS「10万4763台」。この数字、前者が軽自動車で3年連続どころか登録車を含む2017年の新車販売台数でNo.1となったホンダ N-BOXのもの。一方後者は軽自動車カテゴリで第6位であったスズキ スペーシア。今回の“お題”となるクルマである。

2017年9月に発売後、約1ヶ月で目標台数の約3.5倍以上の受注が入ったN-BOXと、モデル末期のタイミングであったスペーシアを比較するのは酷というものなのかもしれないが、それでもスペーシアも前年累計比で128.9%としっかり結果を残している。

実はこの結果には2016年12月に追加設定された「スペーシアカスタムZ」の存在が大きい。ビジネスとしてはまずまずの成功を収めていたスペーシアだが、それでもいわゆる“カスタム系”は同カテゴリーのN-BOXやダイハツ・タントに比べると商品力としてはやや弱かった。それを補填する形で導入したモデルがカスタムZである。実際ディーラーに行ってセールスマンに話を聞いても「モデル末期はほぼZの指名買い」という声もあり、外観デザインの変更でもこれだけ売れる、という実績も上げたし、今回フルモデルチェンジするスペーシア、特にカスタムモデルへの自信に繋がっていたはずである。

それでも前述したN-BOXとタントのいわゆる“二強”に対抗するのは容易ではない。記者発表会でも鈴木社長が「チャレンジャーである」といった趣旨の発言をしていたが、そもそもN-BOXの真似をする必要はないわけで、スペーシアらしさをしっかり具現化しアピールできれば消費者には十分ミートするはずである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します