サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トヨタ86、“愛”のある一部改良とは?

ここから本文です

トヨタ86、“愛”のある一部改良とは?

現オーナーへの“愛”が感じられる

ところで、手を加えたことが良かったか悪かったかといえば、間違いなく良かったと思う。けれど、地味な変更であることは間違いない。登場から丸2年たって、外観に手を加える手もあっただろう。コンピューターをいじってパワーを上げることもできただろう。けれども、こうしたアフォーダブルなスポーツカーの場合、大きく変わり、すでに買って乗っているオーナーを嫉妬させるべきではない。

金銭的に無理をして買った人も多かろう。家族をなんとか説き伏せて買った人も多かろう。10年乗るぞ! と意気込んで買った人も多かろう。彼らの愛車を早々に型落ちにしてはいけない。マクラーレンMP4-12Cが出てから3年そこらで650Sが出るのとはわけが違うのだ。

その点、レースでの実績も伝統も何もないスポーツカーを真っ先に買って、やれ峠がどうの、スバルとどう違う? などと面白がってくれるお客さんの大切さを、トヨタはちゃんとわかっている。だからトヨタは今回、オーナーに最大限配慮した。さらに改良前のクルマに手を加えれば、改良後と同じ状態にできることも、トヨタが現オーナーを大事に思っている証拠だろう。

こういうやり方を続ける限り、ファンは今以上にじわじわ広がっていくんじゃないだろうか。なんといってもスポーツカーはファンしか買わない。高齢のおじいちゃんの病院への送り迎えに必要だからと86を買う人はいないのだ。だからファンを大切にする姿勢を続けていれば、いつしかそれが“86らしさ”となり、伝統となっていくはず。ま、最初からもう少しカッコよい姿で登場していれば、もっともっとファンは増えていたと思うが、それは責任をとらないいち書き手のきわめて個人的な意見だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します