サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トヨタ86、“愛”のある一部改良とは?

ここから本文です

トヨタ86、“愛”のある一部改良とは?

一部改良で変わったもの、変わっていないもの

トヨタ86に乗った。一部改良が施されたらしい。毎日乗っているのであれば、真っ先に変更点が気になるのかもしれないが、久しぶりに接した身には、まずはスポーツカーを運転すれば得られる、しかしスポーツカーでなければ得られない、問答無用の、理屈じゃない喜びが先に立った。今風に言えば“アガる”というやつだ。緊張で赤面するやつじゃなくて。それに今回は一般道のみならずレーストラックでも試すことができたので、86の性能を目いっぱい引き出すことができた。自分なりに(笑)。

一部改良とは、具体的にはダンパーのフリクション特性が変更され、サスペンションを取り付けるボルトのフランジ部分が太いタイプに切り替わったほか、ルーフアンテナがシャークフィンタイプに変更され、ボディカラーのラインナップが変わった。

運転席に座ってインテリアを見回す。エクステリア同様、インテリアもまったくといっていいほど変わらない。あまりに変わらないなと思って確認したら、これは走行距離2万5000km前後の前からあるクルマに今回の改良を加えた個体だった。つまり今回の変更点はレトロフィットが可能ということ。親切だと思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します