サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサス最小SUV「UX」発売 欧州プレミアムブランドは好敵手揃いだがはたして?

ここから本文です

レクサス最小SUV「UX」発売 欧州プレミアムブランドは好敵手揃いだがはたして?

レクサスは11月27日、新型「UX」を発売しました。レクサスのSUVラインアップは「LX」、「RX」、「NX」そしてこの「UX」となり、大型モデルからコンパクトまでの4兄弟となりました。「UX」は新プラットフォーム「GA-Cプラットフォーム」を採用し、軽量化と低重心化を実現。これまでのSUVラインアップの中でもさらに街中での走りを重視させたものとなりました。

ボディサイズは全長4495mm×全幅1840mm×全高1540mmで、日本の機械式駐車場に多い「高さ1550mm制限」をクリアするサイズに収めています。「GA-Cプラットフォーム」はすでに「C-HR」で採用されており、ホイールベースは2640mmと同一ですが、C-HRの全長4360mm×全幅1795mm×全高1550mmと比較するとワイド&ロー。ちなみに一つ上の兄「NX」のサイズは全長4640mm×全幅1845mm×全高1645mmで、特に高さと長さは「UX」より一回り大きいため荷室の広さの違いは顕著となり、リアシートを倒さずにゴルフバッグを4つ飲み込める「NX」に対し、「UX」はリアシートを倒さなければ1つも詰めません。一方で「UX」はそのボディサイズから取り回しに有利。このあたりはそれぞれのコンセプトの違いと言ってよさそうです。

ボディデザインは全体的にエッジが効いたもので、縦方向に厚みをもたせSUVらしさを表現。前後フェンダーも大きく張り出して存在感のあるものとなっています。レクサスの象徴となるスピンドルグリルはブロックメッシュ形状で、見る角度によって違う表情を見せます。特徴的なのは、これまでのレクサスモデルにはなかった左右をつなげたリアコンビネーションランプで、その両端はウイング形状となっており、走行安定性に寄与するそうです。

インテリアは低重心の「GA-Cプラットフォーム」を活かし、シートポジションを低く設定。スイッチ類などの操作系をステアリング中心に配置し、ドライバー中心のコクピットとしました。また内と外を曖昧にする日本の建築思想からヒントを得たという、インパネ上部からフードセンターへ内外が連続する造形は、タイヤ位置を認識しやすい見晴らしのよさを実現しました。

パワートレーンは新開発の2.0L直列4気筒NAエンジン(174ps/6600rpm、209Nm/4000-5200rpm)に発進用ギアを内蔵したCVTの組み合わせたものと、2.0L直列4気筒NAエンジン(146ps/6000rpm、188Nm/4400rpm)にハイブリッドシステムを組み合わせたものの2種類を用意しています。

製品企画の江本主査が「走りの良さに自信があります」と太鼓判を押すのは2.0L直列4気筒NAエンジンと発進用ギアを内蔵したCVTの組み合わせのモデル。確かに最近のNAエンジンでは珍しく高出力です。走りは2ドアクーペのフラッグシップ「LC」と乗り比べながら煮詰めたとか。

グレードはベースモデルと、L texと呼ばれる合成皮革を使用したシートを採用し、ドライビングサポート機能を充実させた「バージョン C」、ラグジュアリーなエクステリアとインテリア装備とした「バージョン L」、スポーツバージョンの「F スポーツ」の4種類を設定しています。

気になる価格はハイブリッドではない「UX 200」のベースモデルが390万円、「F スポーツ」443万円、ハイブリッドの「UX 250h」のベースモデルが425万円、「F スポーツ」が478万円となっています(いずれも2WD)。ライバルとなるBMWの「X2」(436万円)やジャガーの「Eペース」(451万円)、アウディの「Q2」(299万円)など(いずれも2WD、ベースモデル)欧州のプレミアムブランドの錚々たるメンツが揃っていますが、「UX」がどのように食い込んでいくのか注目です。

※一部数値が誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します