サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 軽自動車なのに登録車も凌ぐレーンキープ性能のデイズはくねくね首都高環状線をどう走るのか?

ここから本文です

軽自動車なのに登録車も凌ぐレーンキープ性能のデイズはくねくね首都高環状線をどう走るのか?

デイズのプロパイロットはセレナを超える完成度

今回注目したのは、軽自動車に初搭載されたプロパイロット(車線中央を維持するハンドル制御を含む、アダプティブクルーズコントロール)です。レーンキープの難関・首都高環状線でデイズはどんな走りを見せるのか? ハンドルに手を添えつつではありますが、基本的にプロパイロットの制御で走ります。

白線認識力はかなり強力。緩めのカーブ程度ならしっかりとハンドルを切り込んでいきます。進路が左右にフラ付かず、隣の車線からクルマが入ってきても、自然に間隔を取ってブレーキをかけるので安心感があります。

先にレーンキープ機能を装備したホンダの「Nボックス」はもちろん、同じプロパイロットを装備するクラス上の登録車ミニバン「セレナ eパワー」と比べても、デイズは安定感で勝ります。日産の技術陣が、プロパイロット採用モデル中最良と言っていたのも納得で、ステアリング操作に関してはスバルのツーリングアシストをも凌ぐというのが編集の一致した感想となりました。

次のページ>>それでも“半自動運転”のイメージにはまだ遠い

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します