サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > クロスビー登場でSUV市場に活気。ミニバン年間トップはフリード 【ボディタイプ別売れ筋・12月】

ここから本文です

クロスビー登場でSUV市場に活気。ミニバン年間トップはフリード 【ボディタイプ別売れ筋・12月】

ミニバン:ミニバン部門の年間販売トップはフリード

ミニバン市場は前月から0.9ポイント拡大し、登録車に占めるシェアを25.5%に拡大。11月下旬に「トヨタ ヴォクシー」と「トヨタ ノア」に特別仕様車を設定し台数を伸ばしたほか、「日産 セレナ」が落ち込んでいた台数を回復するなどランキング上位車の隆盛が市場拡大に貢献した。

首位に立ったのはヴォクシー。同メーカーの「シエンタ」を抜いて2ヶ月ぶりに首位に返り咲いた。シエンタも前月とほぼ同水準を維持し、高水準を維持している。3位セレナは、落ち込んでいた台数を前月比77%増と一気に盛り返し7位から3位へと浮上。4位は「ホンダ フリード」。5位には「トヨタ ノア」が入った。

なお、ミニバンの年間販売(1-12月)のトップは、10万4405台を販売したフリード。2位は9万6847台を登録したシエンタで、3位にはヴォクシー(8万6772台)が続いた。