サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > クロスビー登場でSUV市場に活気。ミニバン年間トップはフリード 【ボディタイプ別売れ筋・12月】

ここから本文です

クロスビー登場でSUV市場に活気。ミニバン年間トップはフリード 【ボディタイプ別売れ筋・12月】

ステーションワゴン:カローラフィールダーの独走続く

ステーションワゴン市場は前月から大きな変化はなかったが、他市場の伸びに押されるかたちでシェアを0.6ポイント縮小した。首位は4240台を登録した「トヨタ カローラフィールダー」。2位に約2000台差をつけトップを独走している。

2位は「ホンダ シャトル」。9月の改良による新型車効果を持続し、市場が停滞するなか前月とほぼ同水準の販売台数を維持した。

3位「スバル レヴォーグ」は、前月比34%減と縮小幅は大きめ。これに4位「トヨタ プリウスα」が続いた。プリウスαは12月に安全装備を充実させるなどした改良で前月から29%伸ばした。5位は「日産 ウイングロード」。前月比57%増と拡大し、6位から浮上した。

おすすめのニュース

サイトトップへ