サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > クロスビー登場でSUV市場に活気。ミニバン年間トップはフリード 【ボディタイプ別売れ筋・12月】

ここから本文です

クロスビー登場でSUV市場に活気。ミニバン年間トップはフリード 【ボディタイプ別売れ筋・12月】

セダン/ファストバック:レクサスLSがさらなる存在感を発揮

セダン/ファストバック市場は、トップ5をトヨタ・レクサス勢が独占した。レクサスLSなど好調なモデルもあったが、市場全体で見るとシェアは前月に対し1.4ポイント減と縮小している。

首位は1万1090台を登録した「トヨタ プリウス」。11月に誕生20周年を記念した限定車を設定し、2カ月連続で台数を伸ばした。2位「トヨタ カローラアクシオ」と3位「トヨタ カムリ」は前月から順位をキープしたが台数は約3割減。4位「レクサス LS」は前月から台数を3割上乗せしてカムリに約90台差まで迫った。

LSは10月にハイブリッドの「LS500h」を発売し、さらに12月には3.5リッターV6ツインターボエンジン搭載の「LS500」の販売も開始した。これによりLSの登録台数は2114台と11月から約500台上乗せした。ちなみにLS500hとLS500の販売比率は93:7とハイブリッドが大多数を占めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ