サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ダイハツ タントは広く推奨されるべき実用車だが、ある種のこだわりを持つ守旧派には厳しい面も

ここから本文です

新型ダイハツ タントは広く推奨されるべき実用車だが、ある種のこだわりを持つ守旧派には厳しい面も

乗り味も良好、全国民に推奨したくなる車とも思われるが…

そして「乗り味がどうのこうのからは解脱した人におすすめ」と先ほど申し上げたが、新型タントの乗り味は決して悪くはない。むしろ「なかなか良好」である。

今回試乗したのはノンターボの「X」という、おそらくはもっとも売れ筋となるだろうグレードだが、ノンターボであってもエンジンの力強さは十分。まあ最初のひと転がりかふた転がりはかったるいが、まさかタントでグワッと加速したいという人もおるまい。ある程度我慢してしばらく進めばエンジンの力強さが(ある程度)出てきて、特に何の不満もなく巡航させることができる。一般道でも高速道路でも、だ。

「特に何の不満もなく」どころか、一般道や高速道路でのちょっとしたカーブでは新しいプラットフォーム「DNGA」の威力を思い知ることになるだろう。極端にタイトなカーブは別だが、普通のそれであればどんな局面でもスッと鼻先が入り、そのままド安定した姿勢でカーブを抜けていくことになるのだ。

それゆえ、ダイハツが言う「クルマという存在を超えた新時代のパートナーを求める人」、筆者が言うところの「国民A」にとっては、新型タントはうってつけの選択肢である。便利で、安いのに先進安全装備が標準装備で、そしてけっこうよく走る、と。

強いて言えばの問題点というか懸念点は「ところで軽自動車の受動的安全性ってどうなんだっけ……?」ということぐらいだろうか。

であるならば、新型タントは全国民にあまねく推奨したくなる国民車なのではないか……とも思われるわけだが、ところがどっこい、世の中には国民Aだけではなく「国民B」も一定数が生息している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します