サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバル インプレッサとXVの改良モデルに試乗。走りのキャラの違いがより明確になった

ここから本文です

スバル インプレッサとXVの改良モデルに試乗。走りのキャラの違いがより明確になった

丸みのある乗り心地が印象的なXV

昨年11月に改良モデルが発売されたスバル インプレッサとXVに編集が試乗しました。主な改良点は、アイサイト・ツーリングアシストの全車標準装備やエクステリア、インテリアの一部変更ですが、インプレッサにはSTIとのコラボによるサスペンション調整も行われています。

今回の試乗車には、インプレッサスポーツが2.0L水平対向エンジン搭載の2.0i-S アイサイト、XVが2.0L水平対向エンジンにモーターを組み合わせたe-BOXER(イーボクサー)を搭載するアドバンスと、ともに最上位モデルを用意。まずはXVに乗り込みます。

2017年の登場ということで見慣れた感のあるインテリアですが、ダッシュボード周りの柔らかな質感や手縫いのようなステッチには上位モデルらしい高級感が漂います。走り出しはとても静かで、発進&低速走行時はEV走行となるe-BOXERが効いています。ちなみに今回の改良で2.0Lエンジン搭載グレードの全てにe-BOXERが導入されました。

街中での低中速域では車内の静粛性とともに乗り心地のよさに少しびっくり。これまでのスバル車ではあまり感じたことのなかった(?)丸みがあります。アイドリングストップからの復帰も静かでスムーズ。唯一、ブレーキが踏み始めてすぐのかなり手前から効き始めることに最初だけ違和感がありました。開発担当者の話では、急制動が必要な非常時に早く止まれるように配慮した意図的な設定だそうです。

次のページ>>モーターアシストによる加速が爽快

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します