サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダ i-ACTIV AWD、究極の狙いは「FFより燃費のいい4WD」

ここから本文です

マツダ i-ACTIV AWD、究極の狙いは「FFより燃費のいい4WD」

マツダ i-ACTIV AWD、究極の狙いは「FFより燃費のいい4WD」

写真はアクセラセダン

最適な前後駆動力バランスが良燃費を生みだす

そしてここからが本当の白眉だが、このi-ACTIV AWDは4輪車速やエンジン駆動力はもちろん、ステアリング角からブレーキ液圧まで27種類の情報センシングで「予測」している。

具体的にはコーナリング中に突如ドライから雪面に入る! となると瞬時でリア駆動を増やしてアンダーステアを消すような制御をしている。それも1秒間で200回レベルの高速演算でだ。それらの制御は人間の感覚として自然に感じる方向なので、運転して分かり易かったりはしない。ただ、最終的には雪道もドライとさほど変わりないフィーリングで走れるわけだから凄い。

それと面白いのは、当初の「FFより燃費のいい4WD」の話だが、いくら4WDシステムを軽くし、柔らかい専用オイルを使って機械抵抗を減らしてもドライ路では、FF状態の方が燃費がいいという。そりゃそうだ。ドライは全体の抵抗が小さくなるからだ。

ところが悪路では、確実にタイヤ抵抗が重くなるので4WDにした方が燃費が向上する。そこでi-ACTIV AWDでは、その損得を計算し、常に“燃費的に最適なトルク配分”で走れる。

そしてこれを突き詰め、さらに駆動ロスを減らしていけば「ドライ路面でもFFより燃費のいいAWD」を作れると八木エンジニアは言う。なんというマンガっぽいほどの理想主義だけどこれぞマツダ! またまたその1人突き進む姿勢に参ったオザワなのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します