サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 実は売れてるトール4兄弟 販売力も実力のうち?

ここから本文です

実は売れてるトール4兄弟 販売力も実力のうち?

実は売れている4兄弟をご存知でしょうか? ダイハツ「トール」、トヨタ「ルーミー」と「タンク」、スバル「ジャスティ」の4モデルです。ベースは「トール」で、トヨタとスバルのモデルはOEM。この4兄弟はなんでこんなに売れてるの? というわけで、今回あらためて試乗しました。

トールのターゲットは「小さい子どもを持つファミリー」。軽トールワゴンをそのまま大きくしたようなスクエアボディは、全幅1670mm×全長3700mmとコンパクトで、軽自動車風にスタンダードとカスタムの2種類のデザインが用意されます。最小回転半径4.6mと小回り性能も十分で、左右のリアドアは電動式スライド式(Xグレードは右側が手動)。買い物や子どものお迎えなどで使う人にはちょうど良さそうなサイズ感です。

エンジンは1.0L 3気筒NA(69ps/92Nm)と、そのターボ版(98ps/140Nm)で、トランスミッションはCVT。価格は、NAエンジンを搭載モデルが146万3400円~、ターボエンジン搭載の最上級グレードが180万3600円~。ちなみに軽自動車「タント」の一番高い、ターボ搭載のタントカスタムが174万9600円ですから、車体価格だけで言えばグレードによって競合することもありそうです。

軽自動車より少し大きめのサイズに背の高いボクシーなフォルム、後席両側スライドドアで思い出すのは2010年発売の「スズキ ソリオ」。トールは2016年11月発売なので、言ってしまえば二番煎じです。しかし2017年の販売台数を見ると、ソリオ(バンディット含む)が4万9742台で登録車販売台数ランキング20位。一方、トール4兄弟で一番売れているトヨタ ルーミーは単独でランキング11位の7万8675台、トヨタ タンクも14位で7万854台と、トヨタが販売力にモノを言わせている展開になっています。

編集Kが一番高いモデル「カスタムGターボ“SA II”」に試乗しました。感心したのは力強い走りで、ターボ付きとは言え1000ccなんてと高をくくってたら、下からグイグイとなかなかの加速を見せつけられました。7年落ちの2000ccの愛車より速いほどでちょっとショック。さらにコンパクトなサイズと4.6mの最小回転半径のおかげで見切りも良く、街中ではストレスフリーです。

一方、乗り心地は細かな振動を拾い、高速では直進安定性も及第点レベルという印象。走りや質感はあまり期待せずに、両側電動スライドドアやチャイルドグリップ付アシストグリップ、豊富な小物入れなどのアメニティ、居住性の良さなど、日常の使い勝手で選ぶモデルという印象です。小さな子どもの送迎や、買い物等で使い倒すなら間違いなく便利そう。それにしても2番手スタートでありながらベストセラーになってしまうトヨタグループの販売力、元祖のスズキもちょっと羨ましい(悔しい)のではないでしょうか…。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します