サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 新型アルトの「加飾に頼らないデザイン」、その秘密とは?

ここから本文です

新型アルトの「加飾に頼らないデザイン」、その秘密とは?

数々の名車と同じ記号性を持つ

―まだコンセプトカーの段階ですが、ターボ仕様のRSの意図は?

「実はとくにコレというコンセプトを掲げたのではなく、コンパクトハッチの高性能版として直球の表現をしたと。こういうクルマは作り手側があまりヒネってしまうより、ユーザーが期待するある種の“お約束”を守るべきだと考えました」

……近年の日本車の中で、初代のパンダやゴルフなど、名車中の名車と同じものを感じると言われるクルマは極めて希である。これは「普遍性」というデザインの本質を開発陣が貫いた結果だが、さらに、制約の塊とも言える軽自動車で実現させたことが持つ意味はあまりに大きい。

優れたデザイナーの力量が、ただ一度の機会で名車の可能性を得たとすれば、自動車デザインの何たるかをいま一度考え直す必要があるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します