サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > インサイトvs現プリウス 燃費&総力勝負・前編

ここから本文です

インサイトvs現プリウス 燃費&総力勝負・前編

ハイブリッドなら売れるとは限らない!

<はじめに>

ハイブリッドといえばプリウス。ほんの1年ほど前まではみんなそう思っていた。事実、トヨタはこれまで170万台のハイブリッドカーを販売したが、そのうち120万台をプリウスが占めている。エスティマやハリアー、その他レクサス系ハイブリッドなどすべてのハイブリッドモデルを合わせても、実のところプリウスの足元にも及ばないのである。

逆にいえば、ハイブリッドだったらなんでも売れるとは限らないということ。それは、初代インサイトやシビックハイブリッドを発売しつつもビジネス的に不発に終わったホンダがいちばんよくわかっていることだろう。

そんななか、プリウスの半独占的マーケットに単身切り込んできたのが新型インサイトだ。インサイトの特徴は、待望のハイブリッド専用ボディと、徹底的なコストコントロールによって実現した189万円~という価格。ホンダの調査によると、ハイブリッドに興味をもちつつも、価格がネックとなって購入に至っていない人はかなりの数に及ぶという。そんな人たちが「これなら買いたい」と思える価格。それをホンダは189万円と読んだ。

しかもシビック・ハイブリッドとは違いインサイトは専用ボディをもっている。地球環境に役立ちたいという純粋な動機の人たちだけでなく、いま流行りのハイブリッドに乗ることを楽しみたい、誇りたい、というライフスタイル派にも強くアピールする要素をもっているというわけだ。

今回は、注目の2台のハイブリッドカー、プリウスとインサイトをロングドライブに連れ出し、それぞれのドライブフィールをチェックしながら燃費を計測してみた。計測条件は、エアコンの温度設定24度、インサイトのECONモードはオン。ペースを揃えるため3台でのコンボイ走行。運転スタイルは、エコランではなく流れに乗って走りつつ、できるだけ無駄な加減速をしないでスムースなドライビングを心掛ける、とした。なお、燃費データは車載の燃費計によるもので、満タン法による誤差修正はしていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら