サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > まもなく生産終了! 貴重な5ナンバーワゴン、ホンダ シャトルのおすすめはまさかのベースグレード

ここから本文です

まもなく生産終了! 貴重な5ナンバーワゴン、ホンダ シャトルのおすすめはまさかのベースグレード

>>ホンダ シャトルの詳細はこちら
>>ホンダ シャトル ハイブリッドの詳細はこちら

広大なラゲッジの秘密はセンタータンクレイアウト

ホンダ「シャトル」は2015年5月に発売されたコンパクトクラスのステーションワゴン。先代はフィットのワゴン版として「フィット シャトル」という名前でしたが、現行型は「街乗りが中心のフィットに対して趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を持たせる」という立場になったため、あえてフィットの名前が外されました。

現行型シャトルは2019年5月にマイナーチェンジしたモデル。外装では前後バンパーとフォグランプ形状、前後ライトのデザインなどを変更され、ドアハンドルなど細部がクロームメッキ化、内装もピアノブラックが使われるなど、上質な雰囲気が演出されています。

現行型シャトルのボディサイズは全長4440mm×1695mm×1545mmと、今では希少な5ナンバーサイズ。さらには立体駐車場の高さ制限1550mmを絶妙にクリア(4WD車の全高は1570mmあるので注意)しているので、日本の交通事情にぴったりのサイズです。

>>ホンダ シャトルの詳細はこちら
>>ホンダ シャトル ハイブリッドの詳細はこちら

そして「コンパクトサイズでありながら積載性能がやたら高い」という点がシャトルの大きな特徴です。コンパクトなボディにもかかわらず、ラゲッジ容量は570Lを確保。そこそこ大型のステーションワゴンである現行型スバル「レガシィ アウトバック」のラゲッジ容量が561Lといえばその大きさが伝わるでしょうか。さらに、後席を倒せば床面の荷室長は184cmとなりラゲッジ容量は1141Lに拡大。また開口部も広く地面から荷台までの高さが抑えられているので、積み下ろしもしやすくなっています。

これはホンダが採用している「センタータンクレイアウト」によるもので、通常車両の一番後ろ(ラゲッジルームの下あたり)に設置されるガソリンタンクを前席シート下に配置したことで、荷室を広くするだけでなく荷台の高さも低くすることを可能にしました。荷物をたくさん積むという観点では非常に優れたレイアウトと言えるでしょう。

パワートレーンは、1.5L 直列4気筒ガソリンエンジンにCVTを組み合わせるガソリンモデル(129ps)と、1.5L 直列4気筒ガソリンエンジン(110ps)にモーター(29.5ps)を内蔵した7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を組み合わせたハイブリッドモデルの2種類。燃費はWLTCモードでガソリンが19.4km/L(Gグレード)、ハイブリッドが25.2km/Lと、当然ハイブリッドが有利ではありますが、ガソリンもほぼ20km/Lと考えればなかなか健闘しています。

>>ホンダ シャトルの詳細はこちら
>>ホンダ シャトル ハイブリッドの詳細はこちら

次のページ>>全グレード「Honda SENSING(ホンダ センシング)」標準装備

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら