サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スズキ「スイフト」 安価でも装備が充実したベーシックグレードがねらい目

ここから本文です

スズキ「スイフト」 安価でも装備が充実したベーシックグレードがねらい目

直近のマイチェンでACCや一部の先進装備が全車標準装備に

「スイフト」はスズキを代表する世界戦略コンパクトカー。2000年に登場した初代は、サイドパネルなどを自社の軽自動車と共用する若干微妙なモデルでしたが、2004年に登場した2代目は世界レベルの上質なコンパクトカーへと大変身。2016年4月には世界累計販売台数500万台を達成し、現在は2017年1月に発売された4代目が現行モデルとして販売されています。

現行型スイフトは従来モデルから車両設計を一新し、軽量・高剛性の新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により動力性能と燃費性能を大幅に改善。同時にパワーユニットの設定も拡充し、発売当初は、

・1.2L直4自然吸気エンジン
・上記にモーターアシスト機構を加えたマイルドハイブリッド
・1L直3直噴ターボエンジン

の3種類をラインナップ。その後2017年7月には、1.2L直4自然吸気エンジンにフルハイブリッドシステムを組み合わせたグレードも追加されました。

そして直近の2020年5月には仕様変更が行われ、運転支援システムの強化や新グレードの追加、新たなボディカラーの設定などが行われました。

具体的には、後退時ブレーキサポートや後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーのほか、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能、標識認識機能、後方から接近する車両を検知するブラインドスポットモニター(車線変更サポート付き)、さらには駐車場などで後方左右から接近する車両を検知するリアクロストラフィックアラートを全車標準装備に。そして全方位モニター用カメラには、周囲を立体的に360°確認できる3Dビュー機能も加わりました。

この仕様変更時にグレード構成の見直しも行われ、現時点(2020年10月下旬)におけるスズキ スイフトの主要グレードは下記のとおりとなっています。(※1/カッコ内は変速機の種別。※2/ここでは2WD車のみを表記。ハイブリッドSZ以外には4WD車も用意されています)

【フルハイブリッド車】
ハイブリッドSZ|208万7800円(5AGS)|フルハイブリッド

【マイルドハイブリッド車】
ハイブリッドRS|187万9900円(CVT)|マイルドハイブリッド
ハイブリッドMG|163万3500円(CVT)|マイルドハイブリッド

【ガソリン車】
RS|178万2000円~(5MT、CVT)|1.2L自然吸気エンジン
XG|153万5600円~(5MT、CVT)|1.2L自然吸気エンジン

「全方位モニター用カメラパッケージ」を装着する場合は、上記の価格よりも5万2800円高くなります。また上記の中の「5AGS」というのは、俗にセミATと呼ばれているもので(正しくはAutomated Manual Transmission、スズキ的にはAuto Gear Shift)、要するにマニュアルトランスミッションのシフト操作を自動で行うタイプの変速機です。中身はMTなのですが、クラッチペダルはないのでAT限定免許でも運転できます。

※このページの写真:ハイブリッド MG

次のページ>>おすすめはACCも標準で快適装備もそん色ないベーシックグレード

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します