サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ミツオカ「バディ」の一番人気は600万弱の最上級グレード

ここから本文です

ミツオカ「バディ」の一番人気は600万弱の最上級グレード

他モデルの生産を抑えてバディ最優先の生産体制に

昨年の11月末、トヨタ「RAV4」をベースにオールドアメリカンな雰囲気に仕立てたミツオカ「バディ」が発売されました。想定以上の反響で、すでに2022年までの受注分が完売し、今注文しても納車は早くて2023年以降となるようです。2018年に200台限定で発表されたマツダ「ロードスター」ベースの「ロックスター」(4ヶ月で完売)に続くヒットとなっています。

ロックスターと違いカタログモデルとしてラインアップされるバディは、2021年は50台、2022年以降は150台という生産計画でしたが、想定を上回る受注があったため、2022年以降の生産計画を倍の300台に変更しました。

増産対応として塗装ブースの増設や、ボディパーツを別々の工場で製造していた「セル生産方式」から、全てを集約して製造する「ライン生産方式」に変更。また「ビュート」などの既存モデルの生産台数を減らすなど、ミツオカの生産を「バディ最優先」としたそうです。

ボディカラーはモノトーンが人気

ミツオカの広報にバディの人気グレードを聞くと、上から順に最上級の「ハイブリッド DX(4WDのみの設定、589万9300円)」が30%、「20 DX(4WDのみの設定、531万3000円)」が25%、「20 ST(FFモデル、469万7000円)」と「ハイブリッド ST(FFモデル、525万300円)」それぞれ15%とのことで、なんと一番人気は最も高価なグレードのようです。

人気のボディカラーはこちらも上から順に「MJブラックマイカ」が26%、「ノースカロライナブルー」が18%、「グローブホワイトパール」が14%で、ルーフがボディ同色となるモノトーンカラーが人気のようです。

ヘリテージなアメリカンデザインが話題になったものの、価格がベースグレードですでに400万円台後半とそれなりのお値段なモデルということで売れ行きに注目されていましたが、蓋を開けてみれば生産体制を変えなければならなくなるほどの受注となり、これにはミツオカもリアルに「嬉しい悲鳴」をあげているようです。

それまでのモデルから方向性を変え、2モデル連続で「アメリカンテイスト」で“攻めに出た”ミツオカは「ツボ」を見つけたような感もありますが、次は何をベースにどのようなスタイルのモデルを出してくるのか気になるところです。

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します