サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 編集も好印象のマツダ3 ファストバック。見た目とパワートレーンのギャップは気にかかる

ここから本文です

編集も好印象のマツダ3 ファストバック。見た目とパワートレーンのギャップは気にかかる

夜の駐車場で見たソウルレッドのマツダ3は息を飲むかっこよさ

今年の5月に発売された「マツダ3」のファストバックに編集が試乗しました。グレードは1.8リッターディーゼルターボエンジンを搭載する上位グレードの「XD Lパッケージ」。駆動方式は4WDで、ボディカラーは飴色のような透明感と艶がある「ソウルレッドクリスタルメタリック」です。

そのスタイリングが発売前から大きな話題になっていたマツダ3。プレスラインがなく連続した面だけで構成されたボディサイドは、ちょっと視点を動かすだけで、予測できない連鎖的な動きを発生させ、光と影が形を変えながらボディ表面を流れていきます。

2010年にマツダが世に出したミニバン、プレマシーのボディサイドには、自然界の水や風などを象徴する波型の「NAGARE」プレスラインが入っていて、いろんな意味で度肝を抜かれましたが、そのマツダがプレスラインを使わず、シンプルに見えながらも面で動きを見せるようになるとは、時代の移り変わりをしみじみと感じさせられます。

いろいろな場所に連れ出して、眺めてみたくなるマツダ3ですが、考えてみれば、停まっている時より様々な景色の中を走っている時が、一番の見せ場と言えそうで、それをドライバーや同乗者が見られないのは、マツダ3のパラドックスと言えそうです。

ちなみに編集が撮影を終えて、夜間にコインパーキングに停めたところ、街灯の灯りで陰影が強く出て、息を飲むほどのカッコよさでした。「ソウルレッドは夜がいい」ということはわかりましたが、他のボディカラーがどうか、気になるところでもあります。

次のページ>>インテリアとオーディオだけで購入を決めそうなクオリティ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します