サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 兄弟分の新型スープラに乗ったときの印象を思い出しながら新型Z4に乗ってみた

ここから本文です

兄弟分の新型スープラに乗ったときの印象を思い出しながら新型Z4に乗ってみた

昨年8月にワールドプレミアされた新型「BMW Z4(ゼット フォー)」が、日本全国のBMW正規ディーラーにて3月25日より販売が開始されました。先代は2016年に販売終了しており、約2年ぶりの復活となります。

新型Z4は新型「トヨタ スープラ」と基本的に搭載エンジンやシャシが共通で、日本仕様の「Z4 M40i」と「スープラ RZ」のエンジンの最高出力は同じ340psと発表されています。他の海外仕様では同一エンジンでも出力が異なる国もあるので、地域に合わせてチューニングやセッティングを施しているようです。車重はソフトトップのオープンモデルであるZ4の1570kgに対してクローズドボディのスープラは1520kgと、スープラのほうが若干軽くなっています。

先日体験したスープラの試乗はウェットコンディションでサーキット、しかも同乗というもので、今回のZ4の試乗はドライかつ公道のワインディングとなり、フィールドや条件が異なりますが、2470mmと短いホイールベースや50:50の前後重量配分、電子制御ダンパーとLSD、直6ターボなど、基本パッケージは共通。クルマの動きやサスペンション、エンジンのフィーリングなど、チューニングは異なっていても両車はよく似ているという印象を持ちました。

Z3やZ4は時と共にグランドツーリングカーからリアルスポーツカーへ変遷しているようですが、新型Z4もハンドリングやアクセルレスポンスなど適度にソリッドなスポーツカーとしてまとめられていました。ニュルブルクリンク・北コースでのラップタイムは7分55秒と、M2コンペティションの7分52秒に肉薄しています。スープラのタイムは公表されていませんが、Z4より軽量なクローズドボディですので、さらに速いタイムが期待できるかもしれません。

ちなみに快適性の気付きとして、ソフトトップになってBピラーの外部からの音の侵入が大きくなった気がしましたが、ボディとソフトトップにも遮音静音対策が施されているとのことですので、ここは実際に比較が必要かもしれません。

新型Z4は、ケイマン、ボクスターより全幅が65mmワイドで車重もありますが、大き過ぎないサイズ感や、淀みない直6サウンドとともにZ4のオープンルーフで走るワインディングでは、多くの人がドライブが楽しいと思えるクルマになったと感じました。新型Z4の価格は566万円からで、試乗したZ4 M40iは835万円となっています。

※一部スペックに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します