サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > Cクラスが大幅改良。C200はマイルドHV採用の1.5Lターボを搭載

ここから本文です

Cクラスが大幅改良。C200はマイルドHV採用の1.5Lターボを搭載

全コンポーネントの50%、6500点のパーツを刷新

7月25日、メルセデス・ベンツ日本はマイナーチェンジ版の「Cクラス セダン / ステーションワゴン / クーペ / カブリオレ」を発売しました。

トピックはガソリンモデルの「C 200 アバンギャルド」が2.0L直4直噴ターボに替えて、BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)や48V電気システムを組み合わせた、同社が「EQブースト」と呼ぶマイルドHV仕様の1.5L直4直噴ターボを採用したことです。

新エンジンは最高出力184ps/最大トルク280Nmと、排気量の大きな従来型(184ps/300Nm)とほぼ変わらない数値を実現。「Sクラス(S 450)」に搭載される6気筒ユニットのような過給(スーパーチャージャー)のアシストはないものの、14ps/160Nmのモーターと1kWhのリチウムイオン電池を組み合わせたHVシステムによって、エンジン駆動や、変速の回転数合わせを補助して滑らかな加速や変速を実現するほか、コースティング機能も備わります。

【関連記事】
新型Cクラスは走りがさらに熟成。マイルドHVの新エンジンにも驚いた

また、「C 220 d アバンギャルド」に搭載されるディーゼルユニットも「Eクラス」と同じ、RDE(実路走行試験)に適合した新世代の2.0L直4ブルーテックに変更。こちらは排気量を下げながらも出力を4ps上乗せした194ps/400Nmを発生します。

内外装も進化。MBUXや最新ディスプレイは間に合わず

エクステリアは前後バンパーのデザインを刷新し、上下各4列のLEDを使ったハイパフォーマンスヘッドライトを採用。さらにハイグレードな、片側84個のLEDを個別制御するマルチビームLEDヘッドライトも設定しています。

インテリアでは、ダッシュボード中央に設置される10.25インチのワイドディスプレイや、12.3インチのフルデジタルメーターを採用。ステアリングホイールもSクラスと共通の最新デザインとなり、ナビや車両設定操作ができるタッチコントロールボタンが装備されます。また、64色がゆっくりと変化するマルチカラーアニメーション機能も受注生産の廉価グレードを除き標準装備しています。

一方、次期Aクラスで話題になっている音声操作インフォテインメントシステムのMBUXや、ワイドディスプレイを横に繋げたコックピットディスプレイは搭載されず、このあたりはフルモデルチェンジまで持ち越しとなりそう。

先進安全装備も、ステレオカメラとレーダーを強化して上位モデル並みの性能に引き上げられました。高速道路では30秒以内に先行車が発進した場合は自動で再発進(一般道は3秒以内)、車線に加えガードレールも認識してステアリング操作をアシスト、ウインカーを点滅させると周囲の安全を確認して自動で車線を変更するなど、様々な機能がパッケージされています。

Cクラス セダン…………………………449~578万円
Cクラス ステーションワゴン…………473~602万円
Cクラス クーペ…………………………564万円
Cクラス カブリオレ……………………615万円
メルセデスAMG Cクラス 43モデル… 940~1003万円
メルセデスAMG Cクラス 63モデル… 1211~1483万円

次のページ>>スペック例

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します