サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スズキ「ワゴンRスマイル」試乗記 ライトな人とカーマニアに向けた二部構成でお届け

ここから本文です

スズキ「ワゴンRスマイル」試乗記 ライトな人とカーマニアに向けた二部構成でお届け

第一部前編:最大の魅力は程よい高さとスライドドア

スズキから「ワゴンRスマイル」という新しい軽自動車が発売されました。この車は「そもそも車に何を求めるか?」によって、紹介方法も評価も変わるべき車であるように、筆者には思えます。

そのため本稿は二部構成とし、前半と後半で「別々の仮想ユーザーグループ」に向けてお話しをしたいと思います。

まず第一部は、「走行性能うんぬんではなく、とにかく便利で経済的であることを重視したい」という人に向けてお話しいたします。濃い口なカーマニアの方は、第一部は読み飛ばしていただけますと幸いです。

さて、ワゴンRスマイルは、現在隆盛をきわめている「軽スーパーハイトワゴン」に対する軽いアンチテーゼとして誕生した、「絶妙な車高」と「スライドドア」を兼ね備えた軽自動車です。

軽スーパーハイトワゴンというのはスズキ「スペーシア」やホンダ「N-BOX」などのことで、1.8mにも達しようかという強烈な背の高さと、両側スライドドアによる利便性の高さで大人気となっています。

それらよりも1段階背が低い「軽ハイトワゴン(スズキ「ワゴンR」や日産「デイズ」など)」の使い勝手も決して悪くはないのですが、全高が1650mmぐらいでしかないということと、後部ドアがスライド式ではなくヒンジ式(ちょうつがいを起点にバタンと普通に開くタイプ)のドアであるという点で、人気の面では遅れを取っています。やはりヒンジドアですと狭い場所での開閉には気を使いますし、乗り降りも、スライドドアの車と比べればちょっと面倒ですので。

そんななか、2016年9月に登場したのがダイハツの「ムーヴ キャンバス」という車でした。

ムーヴ キャンバスは、スーパーハイトワゴンより13cmぐらい背が低いものの、ハイトワゴンよりは少しだけ高い「1655mm」という絶妙な車高に、便利な両側スライドドアを組み合わせた、それまでにないジャンルの軽自動車でした。

そしてムーヴ キャンバスは、その愛らしいデザインの魅力とも相まってヒット作となり、登場から5年が経過した今も順調に売れ続けています。

そして今回ご紹介するワゴンRスマイルは、スズキがムーヴ キャンバスにぶつけてきた――といえる一台です。

全高はムーヴ キャンバスより4cm高いですが、それでもスーパーハイトワゴンであるスズキ スペーシアと比べれば9cm低い1695mm。そこに便利な両側スライドドアを組み合わせ、ムーヴ キャンバス同様の――というか、いかにも女子っぽいムーヴ キャンバスと比べるなら若干「男女兼用」寄りのデザインをまとわせています。

スズキ ワゴンRスマイルハイブリッドのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します