サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > e-tronスポーツバックの魅力は斜め後ろ姿&コロナ不安で欧州ではEVが売れている?

ここから本文です

e-tronスポーツバックの魅力は斜め後ろ姿&コロナ不安で欧州ではEVが売れている?

補助金廃止への不安から欧州ではEVの駆け込み需要が発生中

今年、四半期のドイツ自動車市場は新型コロナの影響で前年同期のマイナス20.3%、もっとも深刻だった3月単月では前年のマイナス37.7%であった。その直接の理由はディーラーのほとんどがショールームを閉じ営業活動を行わなかった事、またそれ以上に人々が車を購入する前にやらなければならない事、すなわち感染防止対策への生活防衛に走ったからである。もちろん通勤や通学などの移動を自主規制したことも自動車への関わりを減少させた。

ところが、こうした状況でプラスに転じた車種がある。電気自動車(BEV)だ。その理由は明らかで「まだインセンティブ(政府からの補助金)が使えるうちに買っておこう!」ということである。つまりコロナによって引き起こされるかもしれない不況で、政府が補助金の減額や廃止を行うかもしれないという不安もあって、BEVへ人々が殺到したというわけである。そんなわけで3月のBEV登録台数は1万329台、前年同月のプラス56.1%で、なんと全体の4.4%へと躍進した。中でも比較的廉価な「VW eゴルフ」や「VW e-up!」の躍進が目立った。一方、プレミアムBEVでは相変わらず「テスラ モデル S」が2034台とダントツだが、「アウディ e-tron」も721台と健闘している。

こうした状況下でアウディはe-tronにスポーツバックを追加した。外誌ではこのスポーツバックをSUVクーペと定義しているが、私はこれまでSUVと呼ばれていたボディタイプはワゴンで、現在クーペと呼ばれている「BMW X6」や「メルセデス・ベンツ GLC クーペ」などのモデル群はセダンであると思う。故にアウディが敢えてe-tronのボディを「スポーツバック」と名付けたのは正しいような気がする。

このスポーツバックのサイズは全長約4.9m×全幅約1.94 m×全高約1.62 m、ホイールベース約2.93mとスタンダードボディと同一である。要するにルーフの後端がなだらかに後方へ落ち込んでいるだけで室内空間サイズはこれまでのe-tronと変わらない。つまり後席は大人2人、ないし子供3人が十分にドライブを楽しむことができる。トランクルームもバックレストを起こした状態で615L、倒した時でも1655 Lとスタンダードe-tronよりもそれぞれ45 L、あるいは70 Lの差しかないのでふだんの実用性は問題ないレベルである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します