サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 無限シビックはキレあるMT操作感が気持ちいい。ローダウンしたヴェゼルにも試乗

ここから本文です

無限シビックはキレあるMT操作感が気持ちいい。ローダウンしたヴェゼルにも試乗

無限 シビック ハッチバック

エクステリアはドライカーボン製のフロントグリルガーニッシュやエアロパーツでスタイルアップ。エアロはスーパーGTなどで活躍するモータースポーツ事業部が空力解析を行っており、デザイン性と性能を両立させている。また、シビック専用として新規にデザインされた19インチアルミホイール「MDC」も、切削と艶消しブラック塗装の2トーン仕上げが個性的だ。

気になる機能部品は、いずれも開発中のプロトタイプではあったが、フロントブレーキローター、ブレーキパッド、スポーツエキゾーストシステム、クイックシフターを装備。特に印象に残ったのはブレーキの効きで、制動力やタッチが向上。そのおかげでツイスティなワインディングでも不安なく踏み込んでいくことができた。

エキゾーストは開発担当者が「サウンドの質にこだわった」と語る通り、スポーティな音質と、長時間のドライブでありがちな「音疲れ」しないボリュームを実現。ひと目で無限とわかる個性的なリアアンダースポイラーのマフラーアウトレットと音の回り方を両立させることに苦労したそうだ。

6速MT用のクイックシフターは、純正のフニャフニャとしたシフトタッチと腕が伸び切ってしまいそうなロングストロークを解消するような、剛性感のあるショートタッチを実現。もともと少しドライバー側にオフセットされているシフトの中心軸を中立の位置に戻す設計も採用している。クイックイッと手首の小さな動きでシフトが決まり、操作していてとても気持ちがいい。

ちなみにタイプR用のパーツは鋭意開発中とのこと。もともと車両に装備されている機能をキャンセルすることなく高い品質を実現させるため、開発には若干時間がかかっているそうだ。耳を疑ったのは、開発のひとつの指標として筑波サーキットでノーマル比マイナス4秒という、とてつもなく高いハードルを掲げているという話。「ちょっとハードルを上げすぎたかもしれません」と担当者も苦笑するが、もしそれが本当に実現すると1分1秒台も見えてくるから、とんでもない話である。いずれにせよ、市販車FF最速のシビック タイプRを、無限がどう料理するのか、じつに楽しみである。

次のページ>>無限 ヴェゼル

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します