サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型スバル「レガシィ アウトバック」公開 1.8L水平対向直噴ターボ搭載、全方向ボディサイズ拡大

ここから本文です

新型スバル「レガシィ アウトバック」公開 1.8L水平対向直噴ターボ搭載、全方向ボディサイズ拡大

エンジンはレヴォーグと同一のスペック

スバルの新型「レガシィ アウトバック」の国内モデルが公開されました。本日より予約開始となり、正式な発表は10月7日を予定しています。

すでに北米で発売されている新型アウトバック。北米モデルは2.5L水平対向自然吸気と2.4L水平対向ターボの2種類が用意されていますが、国内モデルにはレヴォーグと同じ1.8L水平対向ターボの1種類のみが設定されました。最高出力177ps、最大トルク300Nmというスペックもレヴォーグと同一。トランスミッションはCVTのみで、駆動方式は全車4WD。車台はスバル最新の「SGP(スバル グローバル プラットフォーム)」を採用しています。

ボディサイズは全長4870×全幅1875×全高1675mm(X-BREAK EXは1670mm)で、先代より50mm長く、35mm幅広く、70mm高く(Limited EXにて比較)なりました。ホイールベースは先代と同一の2745mmです。

「アイサイト X」を全グレード標準装備

グレードは、グリルやドアミラーなどにメッキやシルバーで加飾し、オプションでナッパレザーの本革シートを設定するなど上質感を演出する「Limited EX(リミテッド EX)」と、Limited EXの加飾部分をブラックアウトし、防水素材のシートを標準装備しギア感を演出する「X-BREAK EX(エックスブレイク EX)」の2グレードを設定。どちらも悪路走破性能を高める「X-MODE(エックスモード)」を搭載しますが、Limited EXは1モードのみ、X-BREAK EXは2モードタイプとなっています。

いずれも高速道路などでの渋滞時にハンズオフ(手放し)が可能な「アイサイト X」を標準装備し、レヴォーグにも採用されている11.6インチセンターインフォメーションディスプレイと12.3インチフル液晶メーターを備える「SUBARU デジタルコクピット」も採用しています。

国内専用仕様となった1.8L水平対向直噴ターボエンジンとの組み合わせですが、レヴォーグより100kg以上重い大柄なボディとの相性は果たして? 期待値の高いクルマだけにその走りに注目です。

次のページ>>スペック例

スバル レガシィ アウトバックのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

スバル レガシィ アウトバックの買取相場は?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します