サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 航続距離が倍増した新型リーフの実力をおさらい。EVブームに乗れるか?

ここから本文です

航続距離が倍増した新型リーフの実力をおさらい。EVブームに乗れるか?

航続距離は初代リーフ(前期型)の倍へと大幅に改善

400kmという航続距離は、「先代リーフ」のデビュー当時の実に倍の長さである。先代後期型の280kmに対しても、その差は大きい。もちろん、実燃費とモード燃費には依然、大きな差があって、「新型リーフ」の場合でも筆者が広報車を借用した時には100%充電の状態で航続可能距離は257kmに留まっていた。もちろん、これは前の使用者の走り方にも左右された数字であり、それだけで何かを語るのは難しいが、それでもこれだけ走ってくれれば多くの人にとって、ようやく実用的に使えるというレベルまで来たと言っていいのではないだろうか。

思えば先代は、100%充電でもやはり120km程度しか走れず、しかもクイックチャージャーで80%まで充電した場合には、100kmの距離を走ることも難しかった。特に真冬など、せっかく充電設備のあるところまで暖房を切って頑張ってたどり着いても、30分待った挙句に残り航続距離は80数kmにしかならず、落胆したことがあったのを、よく覚えている。

航続距離の大幅な延長は、リチウムイオンバッテリーの容量が先代後期型の30kWhから40kWhまで拡大された上に、制御の見直しにより電費向上が図られたおかげだ。充電所要時間は、急速充電の場合で80%まで約40分と若干伸びたが、それでもEVの最大の懸案事項が大幅に改善されたことは間違いない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します