サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > キャデラックATS、プレミアムセダンの渋い選択肢

ここから本文です

キャデラックATS、プレミアムセダンの渋い選択肢

ワインディングでも安定した挙動

聞いていた通り、中央環状線渋谷線~湾岸線間はなかなかのワインディングロードだった。高架の渋谷線と地下の中央環状線をつなぐ大橋JCTは、らせん階段のようにぐるぐる何周も回ることで高低差を埋めるのだが、クルマのハンドリングのよさを確かめるのに適している。

なかにはバランスが悪く一定のペースを保つのが難しいクルマもあるが、ATSは身体が反応するままにステアリングを切るだけで、安定してぐるぐると回り続けることができた。優れた前後重量バランスとサスペンション設計やセッテイングが最適なのだろう。ステアリング切り始めの挙動だけが異常に鋭い、誤ったスポーティーさもない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します