サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トヨタ新ブランド「GR」。ヴィッツGRMNほか注目モデルの走りを一気に試した

ここから本文です

トヨタ新ブランド「GR」。ヴィッツGRMNほか注目モデルの走りを一気に試した

86 GRのフィーリングや精度感に唸らされる

もう1台、GRで注目の存在といえば「86 GR」だろう。エンジンこそノーマルとはいえ、ステアリングラックブレースやリアサスペンションメンバーブレースを追加したボディ、ザックスのサスペンション、専用ブレーキ等々の内容は、瞬殺で売り切れた「86 GRMN」にも匹敵するのだから。

専用シートの着座位置が若干高めなのが引っかかったが、走り出すと、その上質感、良いモノ感とでもいうべきフィーリングに唸らされた。機械としての精度がいかにも高そうで、ステアリングを切るだけでも嬉しくなる。ノーマルの「86」には、まったくない感覚である。

フットワークは、ノーマルに較べるとはるかにグリップが高く、安定していて、緻密なコントロールを受け付けてくれるという印象。挙動変化を起こしやすく、しかもスライド領域に入っても動きがシビアになり過ぎないノーマルも楽しいけれど、このオトナっぽさを増した走りも悪くない。ノーマルに慣れていると、もしかすると一瞬、運転が下手になったかもしれない? と思わせるかもしれないが、その分、奥行きは深いのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します