サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > トヨタ新ブランド「GR」。ヴィッツGRMNほか注目モデルの走りを一気に試した

ここから本文です

トヨタ新ブランド「GR」。ヴィッツGRMNほか注目モデルの走りを一気に試した

G'sからGRになって大きく変わった部分とは?

GRブランドは、単に傘の名前が変わっただけではなく、ブランドとしての統一感の醸成にも配慮されている。デザイン面では、大開口のアンダーグリル、大型アンダースポイラーを備え、水平/垂直のラインで機能主義的に仕上げたフロントマスクが、全モデルに適用される。インテリアも、専用のメーターやスタートスイッチ、シルバーのステッチといったデザインの変更だけでなく、「86」に採用されたものをベースとした小径ステアリングホイール、大きめのサイドサポートを有する専用フロントシートなど、クルマと一体感をより高めるアイテムが採用される。

そしてキモとなるのが走りのパフォーマンスに繋がるボディ、シャシーのチューニングである。いずれにも共通してボディの溶接箇所が増やされ、アンダーフロアの補強ブレースも追加されることで、ボディ剛性の向上が図られている。そして、それを土台にGAZOO Racingの開発ドライバーがセッティングした専用のサスペンション、ブレーキ、大径アルミホイールもセットされる。

このGRブランドの発表を前に行われたメディア向け試乗会では、GRMN、GR、GR SPORTのこの冬に発売予定のものまで含めた多くのモデルが集結。1日にして、実に12台のステアリングを握り、その走りの味を確かめることができた。早速、印象的なモデルから紹介していくことにしよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します