サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 小型車向けのエコ技術マツダi-stopを体験!

ここから本文です

小型車向けのエコ技術マツダi-stopを体験!

コンパクトカーに最適

マツダの次世代アイドリングストップシステム「i-stop」に試乗した。同社の直噴エンジン技術(DISI)をベースに開発されたこのシステムは、フルモデルチェンジするアクセラから搭載が始まる。新型アクセラでは複数グレードにi-stopが設定される予定だという。

信号や踏み切りの停止時に自動的にエンジンを止めるアイドリングストップ機能は、ハイブリッド車ではすでに常識。都市部を走る乗り合いバスでも以前から採用しているし、乗用車でもトヨタ ヴィッツやダイハツ ミラの一部グレード、輸入車ではスマートmhdが全グレードに装着済みで、実はそれほど目新しい技術とは言えない。

マツダのi-stopはどこが新しいのだろうか?

普通のガソリン車にアイドリングストップ機能をつける場合、頻繁にエンジン停止と始動を繰り返すため、スターターモーターやバッテリーを大幅に強化する必要がある。こうしたシステムはかなりの価格上昇となるため、低価格で勝負するコンパクトカーでは敬遠されがちだったのだ。

i-stopは“エンジン内の燃焼(爆発)”そのものでエンジンを始動させるため、スターターモーターは今まで通りで良く、小型のサブバッテリーと、正逆両方向の回転を検知できる新型クランク角センサーを追加するだけでいい。つまり、マツダの直噴エンジンを搭載するクルマであれば、従来モデルからそれほど値上げすることなく、アイドリングストップシステムを追加できることになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら